企業倫理を遵守した業務運営の実践・定着のために

私たちは、企業倫理を遵守した業務運営を実践・定着させることを目的として、これまで、「しない風土」「させない仕組み」「言い出す仕組み」の構築に力を注いでまいりました。
この方策の効果などを測定するため、定期的に社員への意識調査を実施し、その結果を更なる活動に生かしています。今後もこうした取り組みを各職場の日常業務において実践し、企業倫理・法令遵守を徹底してまいります。

「しない風土」「させない仕組み」「言い出す仕組み」の構築

「しない風土」「させない仕組み」「言い出す仕組み」の構築図

しない風土 企業倫理研修等を通じて、社員の意識の改革を図るとともに、風通しの良い職場風土づくりを進めています。社員一人ひとりが企業倫理とは何かを理解し、自ずとそれを実践する状態を目指しています。
させない仕組み 企業倫理に沿った業務運営がなされるよう、ルールの整備・徹底を図るものです。規程・マニュアルの整備、文書・業務記録管理の徹底、業務監査・考査の強化等を行っています。
また、地域社会の皆さまとのコミュニケーションを図り、情報公開を徹底します。
言い出す仕組み 業務上の課題や問題を自発的に言い出し、それを組織や社員間で積極的に受け止める仕組みづくりを実践しています。個人・職場が悩みを抱え込まないよう、社内コミュニケーションを充実させる取り組みを行っています。

ページの先頭へ戻ります