東京電力ホールディングスでは、グループ管理を担うコーポレート機能に加えて、福島第一原子力発電所の廃炉推進カンパニー、福島復興本社など、責任の所在を明確化して活動を推進する社内カンパニーや、原子力・立地本部などの専門組織を設置しています。

福島復興本社

「福島復興本社(2013年1月1日設置)」は、福島県にある全ての事業所の復興関連業務を統括し、原子力事故で被災された方への賠償、除染、復興推進などについて、迅速かつ一元的に意志決定し、福島県の皆さまのニーズにきめ細やかに対応してまいります。

福島復興本社のようす

新潟本社

「新潟本社」は、「新潟本部」と県内の事業所である柏崎刈羽原子力発電所および信濃川電力所(水力発電所を運営)の協力体制のもと、総勢約1,400人の体制で新潟県の皆さまと誠実に向き合ってまいります。

新潟本社のようす

原子力・立地本部

原子力部門全体の品質保証や安全確保に加えて、発電所の支援機能、立地地域のみなさまとのコミュニケーションを担っています。原子力発電と地域共生を一体的に行っています。

原子力・立地本部のイメージ写真

福島第一廃炉推進カンパニー

福島第一廃炉推進カンパニーは、廃炉・汚染水対策の責任と権限の明確化や、意思決定の迅速化などをさらに進めるため、前体制を強化した組織として2014年4月に設立されました。

福島第一廃炉推進カンパニーのイメージ写真

リニューアブルパワー・カンパニー

水力・新エネルギー発電事業を担っています(発電所の運転・保守業務は東京電力パワーグリッドが実施)。発電原価の低減や水力のリパワリングを中心とした新たな再生可能エネルギー電源の開発による収益拡大に取り組んでまいります。

リニューアブルパワー・カンパニーのイメージ写真

経営技術戦略研究所

東京電力グループの技術力維持・強化のために、社内の技術開発、知的財産管理、各事業共通の土木・建築技術に関わる機能を集約し、競争に資する技術の創出・活用と現場に密着した課題解決に取り組みます。

経営技術戦略研究所のイメージ写真

ビジネスソリューション・カンパニー

各事業子会社に共通する一般管理(総務、労務人事、研修、経理、システム)の専門実務と定型業務を集約し、シェアードサービスとして位置づけることで、東京電力グループ各社に対し効率的かつ高品質で生産性向上に資するソリューションサービスを提供してまいります。

ビジネスソリューション・カンパニーのイメージ写真

ページの先頭へ戻ります