基本的な考え方

 心身の『健康』は、本人のみならず、ご家族の幸せを含め、人生の充実に繋がる極めて大切なものです。
 社員が充実した人生を送るためには、活き活きと気持ちよく働けるような環境整備が欠かせません。そうした『健康職場』を作ることが、私たちの目指す『健康経営』です。

推進・運営体制

 社員一人ひとりの健康状態をきめ細かく把握・管理・改善するために、各事業所の健康管理室において産業医・産業看護職(保健師・看護師)のほか、精神保健医・臨床心理士等を配置しています。
 2018年7月には、全社員の健康における課題の収集・分析を強化することや社外の先進的な取り組み事例を調査・集約するなど、健康経営に資するさらなる施策を推進するため、健康推進センターを新たに設置しました。

主な取り組み内容

 各種健康診断やストレスチェックは、自らの心身の状態を把握する機会となります。健康診断結果は産業医が確認し、必要に応じて産業医・産業看護職によるきめ細やかな保健指導・面談などを実施しています。これらの取り組みにより、疾病予防、早期発見・重症化予防に努めています。
 なお、重点テーマとして、厚生労働省が健康増進の対策に掲げる対策のうち、生活習慣病対策・メンタルヘルス対策・喫煙対策の三つを設定し、東京電力健康保険組合とともに、積極的に施策を展開しています。
 詳細については、以下をご参照ください。

主な取り組み内容

産業医による職場管理者を対象としたメンタルへルス研修

産業医による職場管理者を対象としたメンタルへルス研修

 

社内ヨガインストラクターによるヨガ教室

社内ヨガインストラクターによるヨガ教室

 

ページの先頭へ戻ります