基本的な考え方

 東京電力グループは、最も重要な資産である人財について、個々の特性を最大限に発揮し活き活きと働くことのできる職場の実現と、「働き方」のシンカ(深化・進化)による社員・会社双方の成長を目指し、「働き方改革」を進めています。

推進・運営体制

 働き方改革の推進により、社員のモチベーション維持・向上、また生産性を最大限に発揮できる職場環境実現を目指して、東京電力ホールディングス社長を委員長とする『「働き方」を考える委員会』を設置しています。

ページの先頭へ戻ります