基本的な考え方

 東京電力グループでは、「人が財産」との考え方のもと、より高いレベルの生産性・創造性を発揮し、価値を生み、競争に勝ち、責任を果たし続ける人財・組織作りを各種研修・訓練によりサポートしています。

推進・運営体制

 全社員に必要な能力を伸ばす研修・訓練は、東京電力ホールディングスが実施し、各業務に必要な専門性を伸ばす研修・訓練は、各事業会社や各事業所で実施しております。

主な取り組み内容

  • 人財育成の3本柱『仕事こそ人を育てる(OJT)』『研修・訓練(OFF-JT)』、『自己啓発』を効果的に組み合わせた人財育成を実施しています。
  • 職場における日常業務を通じた指導(OJT)を中心としながら、『研修・訓練(OFF-JT)』では、大きく変化し続ける経営環境の中、福島への責任を果たし、エネルギー産業の新しい価値を持続的に創造する意欲ある人財を作るため、新入社員から管理職までを対象に広く研修体系を整えています。
  • 職場や組織を率いて行くための「次世代経営人財育成」「リーダーシップ向上のための研修」、年代や職級に応じた「階層別研修」、カイゼンによる生産性向上と東京電力グループの成長をリードする「カイゼン教育・稼ぐ力を高める研修」等を実施し、個人の能力を高めると共にその力を職場実践の中で発揮できるように職場へのサポートも実施しています。
  • また、技術系社員には「技術・技能の維持・継承に関する研修」として、個別の専門知識・技能の付与を目的とした種々の集合研修や訓練を実施しています。
  • この他にも「キャリア形成支援」「eラーニング」「自己啓発支援」や国内外大学院への留学機会の提供などにより、各人の成長を支援していきます。

主な取り組み内容

ページの先頭へ戻ります