再生可能エネルギーの導入状況

太陽光発電 地熱発電
前橋支社(容量20kW)等 47か所設置済(容量524kW) 八丈島地熱発電所(出力3,300kW)

再生可能エネルギーは、太陽光や風力、水力など、環境負荷がより少ないエネルギーです。当社は、再生可能エネルギーを利用した発電設備の導入を進めるとともに、「RPS法」※(「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法(Renewable Portfolio Standard)」)※の義務量を達成してまいりました。
ここでは、2011年8月に運用を開始した浮島太陽光発電所(メガソーラー発電所)をはじめとする、再生可能エネルギーの取り組みをご紹介します。

RPS法…電力小売事業者に対して、販売電力量の一定割合を法律で定められた再生可能エネルギーでまかなうよう義務付ける法律

太陽光発電(メガソーラー)

2011年8月、当社初の事業用の太陽光発電所(メガソーラー発電所)が神奈川県川崎市(浮島)で、2011年12月には川崎市(扇島)で運転を開始しました。さらに、2012年1月には山梨県甲府市(米倉山)でもメガソーラー発電所の運転が開始され、その合計最大出力は3万kWとなりました。

当社施設における太陽光発電の主な設置場所

浮島太陽光発電所(神奈川県)

風力発電

近年、風力発電は技術開発が進み、機器の大型化等に伴い低コスト化が図られた結果、風況などの条件が良い場合には、経済的な発電が可能となりました。
2015年8月、当社初のウインドファームが静岡県賀茂郡東伊豆町と河津町で運転を開始しました。
また、当社は、より大規模な風力発電利用を目指して、研究機関や各社と共同の実証研究などを行っています。

洋上風況観測タワー(左)、洋上風車(右)

地熱発電

八丈島にある当社初の地熱発電所「八丈島地熱発電所」。伊豆七島国立公園内にあるこの発電所は、この島の自然環境の保全と地域との共生を第一に考えて建設し、周辺環境にも十分に配慮しながら地熱のエネルギーを利用しています。

八丈島地熱発電所(東京都)

ページの先頭へ戻ります