• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2001年

インドネシア・エル・エヌ・ジー株式会社の会社解散について



                          平成13年3月27日 
                          東北電力株式会社
                          東京電力株式会社
                          三菱商事株式会社

  東北電力、東京電力および三菱商事の3社は、この度、「インドネシア・
エル・エヌ・ジー株式会社(イナルコ)」を、本年6月のイナルコの定時株主
総会をもって会社解散することといたしましたので、お知らせいたします。

 昭和56年4月、東北電力、東京電力は、インドネシア国営石油ガス公社
(プルタミナ)と売買契約を締結し、インドネシア・アルン2液化天然ガス
(LNG)を、昭和59年1月から20年間にわたり受け入れることとし、
これを踏まえ、東北電力、東京電力、三菱商事は、北スマトラアルン地区の
液化基地増設プロジェクトに対するファイナンス業務,LNG輸入代行業務
および関係各社との連絡調整業務を行う会社として、イナルコを昭和56年
6月に設立いたしました。

 平成6年6月には、プルタミナに対する貸付金が完済され、ファイナンス
業務が終了したことから、それ以降は、輸入代行業務と連絡調整業務を主た
る業務として、事業の展開をしております。

 しかしながら、昨年8月、東北電力ならびに東京電力は、プルタミナとの
インドネシア・アルン2LNG延長売買契約締結において、平成17年以降
の契約数量を大幅に減少することとなり、今後の事業展開について、種々協
議・検討した結果、本年6月に開催されるイナルコの定時株主総会をもって、
イナルコを解散することで合意に至りました。

[今後の日程]
  会社解散      平成13年6月予定
  清算結了登記申請  平成13年9月予定

                               以 上
(参考資料)

【インドネシア・エル・エヌ・ジー株式会社の概要】

所 在 地  東京都千代田区有楽町一丁目7番1号
代表者氏名  取締役社長 佐々木 學
資 本 金  15億円
業務内容   インドネシアからの液化天然ガスの輸入に関する業務
株主構成   東北電力株式会社(60%)、東京電力株式会社(30%)、
       三菱商事株式会社(10%)

【アルン2LNG売買契約の概要】

 項 目	        既存契約	       延長契約
引渡期間	1984年1月~2004年12月(21年間)	2005年1月~2009年12月
                       (21年間)                        (5年間)
数    量	年平均約351万トン      年平均約96万トン
         東北 約300万トン       東北 約83万トン
         東京 約  51万トン       東京 約13万トン
当 事 者	(売主) インドネシア国営石油ガス公社
                (買主) 東北電力株式会社、東京電力株式会社
受渡形態	    FOB(本船渡し)

                                以 上






ページの先頭へ戻ります