• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

プレスリリース 2008年

柏崎刈羽原子力発電所7号機タービン建屋における火災に関する指示文書の受領について

                            平成20年11月28日
                            東京電力株式会社

 当社は、平成20年11月22日に柏崎刈羽原子力発電所7号機タービン建屋におい
て発生した火災について、本日、経済産業省原子力安全・保安院より徹底した原
因究明と再発防止対策の検討を行うよう指示文書を受領いたしました。
 この指示にもとづき、本件火災が発生した原因および再発防止対策について徹
底した検討を行うとともに、火災の影響を受けた可能性のある機器について、性
能等への影響の有無、健全性の確認を行い、速やかに同院へ報告いたします。

 本件につきましては、地域の皆さまをはじめ広く社会の皆さまにご心配をおか
けしておりますことを深くお詫び申し上げます。

 当社といたしましては、このたびの指示を真摯に受け止め、協力企業各社も含
め一丸となって再発防止に取り組むとともに、今後もより一層の安全の確認を第
一として、一つひとつ着実に作業を実施してまいる所存です。

                                 以 上

* 指示文書
 「柏崎刈羽原子力発電所7号機タービン建屋における火災について」
                      (平成20・11・27原院第16号)

   平成20年11月22日、原子力安全・保安院(以下「当院」という。)は、貴
  社から、柏崎刈羽原子力発電所7号機タービン建屋において火災が発生し、
  負傷者を生じた旨の連絡を受けました。
   貴社においては、新潟県中越沖地震において発生した変圧器火災以降、同
  発電所における火災対策の充実を進めていたにも関わらず、本件事案の発生
  を防止できなかったことは遺憾であり、当院は、貴社に対し、本件火災が発
  生した原因及び再発防止対策について徹底した検討を行い、速やかに報告す
  ることを求めます。
   併せて、本件火災の影響を受けた可能性のある機器について、性能等への
  影響の有無、健全性の確認を行い、報告することを求めます。



ページの先頭へ戻ります