TEPCOの挑戦

東京電力グループは2016年4月、他の電力会社に先駆けて、燃料・火力発電事業、一般送配電事業、小売電気事業の3つの事業部門を分社化し、ホールディングカンパニー制に移行しました。福島第一原子力発電所事故の「責任」を果たし、エネルギー産業の新しい「競争」の時代を勝ち抜いていくために、大きな変革を実行してまいります。

関連情報

  • コスト削減 現場レポート
    新規工事会社の参入促進でコスト削減へ

    ケーブル工事には、専門用語や専用器具、そして長い歴史の中で積み上げられてきた施工方法・安全対策・品質管理など細かなルールがあり、東京電力が委託している工事会社は、明文化が困難な部分までも熟知しています。このような環境のもとでは、新規会社への委託にはリスクが生じる懸念があります。しかし更なるコスト削減のためには、新規会社への委託を促進し、競争環境をつくる必要がありました。
    本取り組みは、競争環境の強化によるコスト削減や、新たな視点からの技術的な提案などによる合理化に貢献。従来比▲30%程度のコスト削減を実現しました。

  • 東京電力フュエル&パワー
    火力発電所の経済的運用

    電気は大量に貯めておくことができないため、使われる時間に使われる量を発電する必要があります。火力発電所では、季節、曜日、時間帯によって刻々と変動する使用量に応じて発電するとともに、発電所毎、ユニット毎の経済性も考慮した運用を随時行うことで、燃料費削減を図っています。

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. TEPCOの挑戦