東京電力ならではのノウハウが世界中で活かされています

超過密地域で電力の安定供給を実現してきた技術力・ノウハウを活かし、海外の電力会社に対してコンサルテーションを行っています。
1996年に事業を開始して以降、これまでに先進国・新興国問わず約70か国、600件以上のプロジェクトを実施しています。
ODAや開発金融機関などの国家的な設備の導入計画から事前調査、個別企業のコスト削減、人材育成支援まで幅広く支援しております。また省エネ支援など環境対策も実施しております。
地域別に見ると受注案件は、東・東南アジアが過半を占めておりますが、アフリカや北・中南米、欧州・旧ソ連と全世界において事業を行っています。

海外コンサルティングのイメージ写真

東京電力の主なコンサルティング分野

東京電力ホールディングスは、日本国内にて発電・送電配電・小売事業へ一貫して従事してきた経験を活かし、電力技術に関するコンサルティングサービスを世界各地で提供しております。

東京電力の主なコンサルティング分野

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. TEPCOの挑戦
  3. 海外への事業展開
  4. 海外コンサルティング