世界合計281万kW規模の事業展開

当社は、2002年より関係会社の㈱ユーラスエナジーホールディングスを通じて、欧州、米州(米国+南米)、日本・アジア太平洋で再生可能エネルギー事業を展開しています。ユーラスエナジーグループは約281万kWの風力発電設備(2,433基)・太陽光発電設備(13ヶ所)を運営しています。

世界合計281万kW規模の事業展開

(株)ユーラスエナジーホールディングスについて

ユーラスエナジーホールディングスは、エネルギー供給と環境負荷低減を両立するという社会的ニーズに対応するため、1987年より世界各地で数多くの風力発電事業を展開しています。また、2008年からは太陽光発電事業にも参画しています。

所在地 東京都港区虎ノ門
発電タイプ 風力、太陽光
資本金 181億9,920万円
主要子会社 (株)ユーラステクニカルサービス、ユーラスエナジーヨーロッパ、ユーラスエナジーアメリカ 他
URL

(株)ユーラスエナジーホールディングスの主な発電設備

ホグヤーレンエネルギーパーク(7.3万kW,ノルウエー)

アヴェナル太陽光(4.5万kW,米国カリフォルニア州)

スペアヴィル3(10万kW,米国カンサス州)

新出雲(7.8万kW,島根県)

ハレット5(5.2万kW,オーストラリア)

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. TEPCOの挑戦
  3. 海外への事業展開
  4. 再生可能エネルギー投資