数表でみる東京電力

原子力
  • 印刷

放射線業務従事者の年間総線量と平均線量(発電所ごと)

2017年度末現在
(単位:[総線量]人・Sv、[平均線量]mSv)

福島第一原子力発電所 福島第二原子力発電所 柏崎刈羽原子力発電所
総線量 平均線量 総線量 平均線量 総線量 平均線量
1997 29.66 2.6 3.35 0.5 5.43 0.7
1998 24.80 2.4 5.02 0.8 4.90 0.7
1999 23.36 2.3 3.48 0.6 4.64 0.7
2000 25.18 2.5 3.73 0.6 5.40 0.7
2001 18.01 2.0 3.82 0.6 8.19 1.1
2002 24.72 2.6 6.23 0.9 8.39 1.1
2003 22.63 2.3 8.43 1.3 14.31 2.0
2004 21.04 2.6 5.61 0.8 5.64 0.8
2005 15.50 1.8 4.31 0.7 9.38 1.2
2006 17.50 1.9 3.62 0.6 6.61 0.9
2007 16.08 1.6 6.83 0.9 7.62 0.9
2008 14.80 1.4 3.79 0.6 10.72 1.0
2009 14.85 1.4 3.87 0.5 5.71 0.5
2010 27.94(注1) 2.3(注1) 4.82 0.6 4.59 0.5
2011 2.04 0.4 5.13 0.6
2012 0.77 0.2 1.61 0.3
2013 0.39 0.2 1.10 0.2
2014 0.17 0.1 0.93 0.2
2015 0.26 0.1 1.22 0.2
2016 0.16 0.1 0.85 0.1
2017 0.07 0.0 0.98 0.2

(注)

  1. 東北地方太平洋沖地震(2011.3.11)までの実績で算出。以降の福島第一原子力発電所作業員の被ばく線量は、こちらに掲載しています。

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 数表でみる東京電力
  3. 原子力
  4. 放射線業務従事者の年間総線量と平均線量(発電所ごと)