• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > 教えて!でんこちゃん > 電力自由化で家庭の電気料金はどう変わるの?私たちにメリットはあるの?

教えて!でんこちゃん #003 電力自由化で家庭の電気料金はどう変わるの?
私たちにメリットはあるの?

 

エネルギーアナリスト / 大場 紀章

大場紀章氏 略歴

2008年、京都大学大学院理学研究科博士後期課程
単位取得退学後、トヨタグループの技術系シンクタンクである株式会社テクノバ在籍。
化石燃料供給、エネルギー安全保障、無機物性化学など、エネルギー問題の研究者として活動中。

2016年4月から電力小売の全面自由化が始まりました。
みなさまのご家庭でも、複数の会社から、
電気の契約先を選ぶことができるようになりました。
家計にはどのような影響があるのか、
エネルギーアナリストの大場紀章先生に聴いてみました。

電力自由化は家計に影響があるのかな?
安くなるのかな?

みんなとても気になっているところだと思います。
電力小売の自由化によって、電気料金は各社が自由に設定できるので、
もちろん、消費者のみなさんが払う電気代は料金メニューに応じて変わります。

ただ、そもそもの話をすれば、
電気料金の大部分は、発電によるコストです。
電力自由化では発電コストは大きく変わらないので、電気料金も極端には変わらないはずです。
料金が安くなるとすれば、主にサービス面の効率化などによるものだと考えた方がいいかもしれません。
(もし極端に変わっていたら、ちょっと注意深く確認してみてください)。
とはいえ、電気料金は各社が自由に設定できるので、
ガス会社や通信会社、特定のポイントサービスなど、普段利用するサービスと組み合わせた契約や、
時間帯割引などライフスタイルがある程度決まっている人は、メリットが増えるかも知れません。

料金的なメリットだけなの?

それ以外にも、サービス面での品質を向上させる会社や
再生可能エネルギーだけの電気を提供する会社など、
新たな付加価値で勝負する会社も出てくるので、
それもメリットだと思います。

メリットだけなの?
気をつけなくちゃいけないことは?

そうですね。気をつけるべきことはあります。
例えば、電気だけではなく他のサービスと一緒のプランになると、
電気料金だけで各社を比較することが難しくなるかもしれません。
また、今回の電力自由化によって、新規参入の会社が、
販売契約の手続きだけを代理店に任せることもありえます。
(携帯電話の販売を思い浮かべてもらえば理解しやすいかも知れませんね)
ただ、そういうときは注意深く、契約期間や料金について説明されたか?
契約書はもらったか?そして、問い合わせ窓口はちゃんとあるかなど、
契約内容と会社をしっかり検討して契約することをおすすめします。

電力自由化の時に、
みんな契約プランの検討や
変更をしなくてはいけないの?

そんなことはありません。
2016年4月の電力自由化後も、
地域の電力会社で従来のプランを継続したい場合は、特別な手続きは必要ありません。
ただ、この機会に、自分の電気使用量などを改めて点検してみるとよいかもしれません。

自由化すると、山間部や離島などは逆に電気代が高くなったり、
電力が届かなかったりするの?

電気を公平に届けるための仕組みとして、
ユニバーサルサービスというものがあります。
これによって、どうしても高くなってしまう地域の人々に対して、
各地域の電力会社が色々と工夫しながら、分け隔てなく電気を届けるようになっています。
   例えるならば、郵便が全国一律の料金で届くようなものですね。

なるほど!

< ポイントのまとめ >

  • ●電気料金の大部分は、発電によるコストなので、大きく料金が変化することはありません。
  • ●電力自由化後も、地域の電力会社で従来のプランを継続したい場合は、特別な手続きは
    必要ありません。
  • ●割引だけではなく、サービスの品質や、環境への貢献など、金額だけではないメリットも
    増えて来ます。
  • ●この機会に、自分の電力使用量などを改めて点検してみましょう。
  • ●自由化後も、ユニバーサルサービスがあるので、料金が高くなりそうな山間部や離島にも、
    地域の電力会社が工夫して電気を届けてくれます。

自由化のメリットと料金のことがよくわかったわ!
私はどんな基準で料金プランを選ぼうかしら?


ページの先頭へ戻ります