東京電力ホールディングスでは、主に群馬県・栃木県を中心とした利根川水系、長野県・新潟県にまたがる信濃川水系、山梨県の相模川・富士川水系に、合計163ヶ所、総出力約987万kWの水力発電所を保有しています。
そして、これらの水力発電所のダムには、建設時の調査用のトンネルや、水を堰き止めているコンクリートなどでつくられたダム堤体の内部に、保守点検用のトンネルがあります。
トンネルの内部は1年を通して温度変化が小さく、約10℃~15℃と涼しく保たれていてお酒の貯蔵に非常に良い環境であることから、ダムトンネル内でお酒を貯蔵する取り組みを広げています。

長野県にある七倉ダムでは、調査用のトンネルの奥の方を地元の清酒「白馬錦」の蔵元である薄井商店様にご利用いただき、お酒を貯蔵しています。
いまや、七倉ダムは電気を作るだけでなく、春先に作った日本酒を夏の間に熟成させて秋に出荷する「ひやおろし」や、貯蔵酒などをさらに美味しくするお手伝いもしているのです。
さらに、2018年には、七倉ダム以外でも地元の酒蔵さま等と協力して、ダムトンネル内でお酒を貯蔵する取り組みを広げています。

お酒搬入のようす

お酒搬入のようす

このように、ダムで貯蔵したお酒が美味しく育って地元の名産となり、たくさんのお客さまが訪れ、地元の方にも喜んでいただけるようになることを期待しています。

また今後は、水力発電100%の電気料金プラン「アクアエナジー100」ご契約の特典として、この取り組みで作られた貯蔵酒をお客さまにも楽しんでいただく企画も検討しています。

こちらのページでは、ダムトンネル貯蔵によりお酒の味がどう変わったかの調査結果や、関連イベントをご紹介してまいります。

トンネル貯蔵による味の変化

唎酒師(ききさけし)等の資格を持つ方などによる官能評価(人の五感による評価)を実施する予定です。
評価結果は随時、こちらでご紹介してまいります。

ダムを利用した日本酒貯蔵の取り組み一覧

現在取り組んでいる貯蔵場所です。随時、取り組みを広げてまいります。

貯蔵場所 住所 酒店等 代表銘柄 備考
七倉ダム(トンネル) 長野県大町市 薄井商店 白馬錦 「ひやおろし-アルプス湖洞貯蔵(生詰)」や「白馬八方 黒菱」などを貯蔵。
南相木ダム(トンネル) 長野県南佐久郡南相木村 古屋酒造店 深山桜 試験的取り組みとして、「深山桜」など4種類の日本酒4合瓶計24本を2箇所分けて貯蔵。
南相木ダム(トンネル) 長野県南佐久郡南相木村 南相木村役場様 - 試験的取り組みとして、南相木村の特産である蕎麦を使って南相木村で作ったそば焼酎を貯蔵。
穂積調整池 長野県南佐久郡佐久穂町 古屋酒造店 深山桜 冬季に実施予定

トンネル内の温度

七倉ダム(2018年4月~8月)

七倉ダム(2018年4月~8月)

ページの先頭へ戻ります