揚水式

昼間の電力需要のピーク時に活躍する発電方式で、主に地下につくる発電所と、これをはさむ上下の2つの調整池からなります。電気の使用量が多い昼間に上部調整池から下部調整池に水を落として発電し、発電に使った水は下部調整池にためておきます。電気の使用量が少ない夜間には、下部調整池から上部調整池に水をくみ上げ、再び昼間の発電に使うというように、一定量の水を繰り返して使用します。

流れ込み式

河川の流量をそのまま利用する方式です。豊水期(川の水が豊富なとき)と渇水期(川の水が少ないとき)の水量変化により発電量が変動します。

調整池式

河川の流量を調整池で調整して発電する方式です。取水ダムを大きくしたり、水路の途中に調整池をつくることにより、一日あるいは数日間の発電量をコントロールすることができます。

貯水池式

調整池より大きな貯水池を利用する方式です。雪どけ水や梅雨、台風の雨水などを貯水し、渇水期に利用するなど、年間を通した水量の調整ができます。

小水力発電

これまで、水力発電所は大規模なものが主流となってきましたが、最近は、使われていない水資源も発電に有効利用しようという動きがあります。中でも、最大出力1,000kW以下の水力発電を「小水力発電」などと呼んでいます。

ページの先頭へ戻ります