2016年4月から、電力の「小売市場」が全面的に自由化されました。

これまでにも、工場など「高圧」と言われる高い電圧で電気をご利用いただく企業等の部門では2000年から順次自由化が進んでいましたが、一般のご家庭やすべての企業向けの電気の小売販売ビジネスへの新規参入が解禁されました。

ご家庭でいえばお住まいの地域にかかわらず、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになります(島嶼地域を除きます)。
同じように都市ガスの小売も2017年に全面的に自由化される予定です。

当社では、東京電力エナジーパートナーが電気やガスの小売など、エネルギーの総合的なソリューションをご提供していき、東京電力管内エリアの送配電は、東京電力パワーグリッドがこれまで通りに責任を持って取り組んでまいります。

電力の「小売市場」の自由化イメージ図

自由化には経過措置期間があります

全面自由化といっても、従来の電力会社との契約内容のままで電気を購入し続ける場合は(たとえば当社から引き続き同じご契約内容で電気をご購入いただく場合)、手続きは特に必要ありません。電気をお使いのお客さまを保護するため、全面自由化による激変を緩和する経過措置期間が設けられています。電気を購入する会社を変更したり、購入する電力会社は従来どおりで自由化に伴う新しい料金メニューに加入し直す場合に、契約の変更が必要になります。

ページの先頭へ戻ります