• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > よくあるご質問・お問い合わせ > お客さまの声にお応えして > お客さまからいただいたご意見・ご要望

お客さまからいただいたご意見・ご要望(2013年5月掲載)

東京電力では、お客さまからの貴重なご意見・ご要望を真摯に受け止め、経営に活かしてまいります。毎月いただいた声の内容を紹介いたします。

2013年4月にいただいたお客さまの声

福島第一原子力発電所の地下貯水槽からの水漏れについて、約450件のご意見をいただきました。

福島第一原子力発電所地下貯水槽からの水漏れにつきまして、福島県民のみなさまをはじめ、多くの方々にご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

水漏れにつきましては、4月5日の発表から約450件のお声をいただきました。その内容は、ご心配・ご不安をもとにした現状や見通しについてのお問い合わせや、2年経った今も抜本的対策が取れていないことや説明がわかりにくいことへのご意見、ご批判を多くいただくとともに、対策についてのご提案も約100件いただきました。

 
具体的には、
汚染水が漏れたという件について現状はどうなっているのか。
移送中とのことだがさらに漏れ出る可能性があると報道があった。大丈夫なのか。
3.11以降、2年経つのに一向に成果がなく、今回も水漏れがあるなど真面目に取り組んでいるようにはとても見えない。
管理がルーズであり、稚拙に思える。これ以上信頼を損なわないためにも真剣に対応しなければならない。
東電の発表は意味がわからない専門用語が多くてわかりづらい。専門家に向けて発表するのではなく、地元の住民や高齢者にもわかるように発表しなければ意味がない。
タンクのパッキンの劣化からも水漏れが発生する恐れがあるので点検してもらいたい。
地下貯水槽にシートを使うなら、世界一丈夫で安全性の高いものを選んで使用しなければならない。これはお金の問題ではない。

などの意見をいただきました。

弊社は、4月7日に 「福島第一信頼度向上緊急対策本部」別ウィンドウで開く を設置し、4月10日には、社長の廣瀬が現地へ行き、 地下貯水槽の今後の移送計画や地下水の汚染度の調査と対策 (PDF:704KB) について説明させていただきました。

現地確認の様子

写真・動画集 「福島第一信頼度向上緊急対策本部 本部長および副本部長による福島第一原子力発電所の現場確認について」(4月10日) 別ウィンドウで開く


現在7槽ある地下貯水槽につきましては、全て使用を取りやめることとし、 緊急受け入れ用タンクを増設 (PDF:220KB) することを決定しました。既設の地上タンクへも順次移送を開始しております。現状の移送状況等の詳細についてはホームページ 別ウィンドウで開くをご覧ください。

さらに、周辺環境への影響を素早く把握するため、地下水をモニタリングする 観測孔を新たに30箇所設置 (PDF:304KB)いたしました。
今後はさらに地下貯水槽周辺の汚染状況を的確に把握し、また、海側への汚染拡大の継続的な監視を強化してまいります。
詳細はホームページ別ウィンドウで開くにて随時報告してまいります。

これまでにいただいたご意見・ご要望へ

トップ「もっと真摯に、お客さまの目線で。」

ページの先頭へ戻ります