• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > よくあるご質問・お問い合わせ > お客さまの声にお応えして > お客さまからいただいたご意見・ご要望

お客さまからいただいたご意見・ご要望(2015年8月掲載)

東京電力では、お客さまからの貴重なご意見・ご要望を真摯に受け止め、経営に活かしてまいります。毎月いただいた声の内容を紹介いたします。

2015年7月にいただいたお客さまの声

燃料費調整額について、約1,000件のお問い合わせやご意見をいただきました。

毎月、電気料金に含まれる燃料費調整額に関するお問い合わせを多数いただいています。大半は電気料金の内訳に関するお問い合わせですが、7月に入り、平成25年3月分以来2年4ヶ月ぶりに燃料費調整単価※がマイナスとなったことをうけて、「燃料費調整額がマイナスだがマイナスってなに?」といったお問い合わせを数多くいただきました。
※電気ご使用量のお知らせ「 燃料費調整のお知らせ(1kWhあたり)別ウィンドウで開く」に記載されています。

主なお問い合わせは、以下のとおりです。
燃料費調整額が今までずっとプラスだったが7月からマイナスとなっている。マイナスってなに?
7月分は6月分より使用量が増えたのに請求金額が減っている。なぜ?
使用量が6月分と7月分は同じなのに、燃料費調整額が違う。燃料費調整とは何ですか?
「電気ご使用量のお知らせ」の燃料費調整単価が下がっている。現在、原油価格は上がっていると思うが間違いではないのか?

燃料費調整とは、原油・LNG・石炭の過去3カ月間の貿易統計価格により算定された平均燃料価格と基準燃料価格(44,200円/kl)とを比較し、平均燃料価格が基準燃料価格を上回るとプラス調整、下回るとマイナス調整する仕組みです。7月分は、 平均燃料価格(43,500円/kl)が基準燃料価格を下回ったため、燃料費調整単価がマイナスとなりました。

なお、7月分の料金は、2~4月の平均燃料価格にもとづき調整を実施するため、直近の燃料価格の動向がそのまま反映されることにはなりません。


【燃料費調整単価と平均燃料価格の推移】

燃料費調整単価と平均燃料価格の推移】</


【ご参考】
○ 個人のお客さま(低圧)
 ・ 燃料費調整費制度について詳しくはこちら別ウィンドウで開く
 ・ 最新の燃料費調整単価はこちら別ウィンドウで開く

○ 法人のお客さま(高圧・特別高圧)
 ・ 燃料費調整費制度について詳しくはこちら別ウィンドウで開く
 ・ 最新の燃料費調整単価はこちら別ウィンドウで開く

また、電気料金やその内訳については、以下のWEBサービスからもご確認いただけます。
是非ご加入のうえご利用ください。 
○ 法人・事業用のお客さま「TEPCOビジネスプラットフォーム」別ウィンドウで開く
○ 家庭用のお客さま「でんき家計簿」別ウィンドウで開く

これまでにいただいたご意見・ご要望はこちら

トップ「もっと真摯に、お客さまの目線で。」

ページの先頭へ戻ります