Q&A

車両について

QEVとは何ですか?

A

EVとは、Electric Vehicleの略で、電気自動車のことをいいます。
EVは大型のバッテリーを搭載し、外部電源から充電した電気でモーター走行をする自動車です。
モーターはエネルギー効率がとても良いため、ガソリン車に対してランニングコスト(燃料代)を抑えられます。
また、電気モーターで車を駆動させるため、走行中にCO2や排気ガスを出しません。
近年、資源制約や環境問題への関心の高まりを背景に、EVが注目を集めています。

車種によっては、発電用エンジンとガソリンタンクを搭載し、EVのバッテリー残量が少なくなると、発電用エンジンで発電した電気を活用しモーター走行することで航続距離を伸ばすことが可能な、レンジエクステンダー付きのEVもあります。

<EVのしくみ>

Qハイブリッド車やPHV(PHEV)とは何ですか?

A

ハイブリッド車は、ガソリンエンジンと電気モーターを併用した自動車です。
エンジンでの走行に加え、減速時のエネルギーをバッテリーに充電してモーター走行に活用できる自動車で、一般的なガソリン車に比べて燃費が良いというメリットがあります。

PHV(PHEV)とは、Plug-in Hybrid Vehicle(Plug-in Hybrid Electric Vehicle)の略で、プラグインハイブリッド自動車と呼ばれています。
外部電源から充電できるタイプのハイブリッド自動車で、「電気自動車のメリット」と、エンジンと電気モーターの併用で長距離走行ができる「ハイブリッド自動車のメリット」を併せ持つ自動車です。

<PHV(PHEV)のしくみ>

QEVとPHV(PHEV)の違いは何ですか?

A

EVは電気のみで走行、PHV(PHEV)は電気とガソリンで走行します。
一般的にEVの方が搭載されているバッテリーの容量が大きく、電気のみで長い距離を走行できます。
PHV(PHEV)はバッテリーの容量が小さく、電気のみで走行できる距離は短いため、バッテリーの残量が無くなるとガソリンエンジンを使用することになります。

メリット

QEV・PHVの導入メリットは何ですか?

A

EV・PHVはエネルギー効率がとても良いため、ガソリン車と比べて、ランニングコスト(燃料代)を抑えることができます。
また、モーター走行中はCO2や排気ガスを出さないため、環境面でも優れており、レスポンスよく加速し、静かでスムーズに走行するなど車本来の魅力も持ち合わせています。さらに、自宅や職場で停車中に充電が可能なため、ガソリンスタンドに行く手間や時間を省くことができます。

<試算条件>
〇ガソリン車条件
 ガソリン車燃費:21.8km/L(国土交通省HP 自動車燃費一覧「ガソリン乗用車のJC08モード燃費平均値の推移(2016年3月))
 ガソリン料金:122.7円/L (石油情報センター 給油所小売価格調査 ガソリン レギュラー 2016年7月4日調査分 関東局)
〇EV・PHV
 JC08モード交流電力量消費率:114Wh/km(JC08モード 日産自動車リーフ(24kWh)の主要諸元)
 電力量料金単価:従量電灯 26.00円/kWh (東京電力「従量電灯B/C」(2016年6月1日以降適用料金)第2段階料金)
 スマートライフプラン・夜間 17.46円/kWh  (東京電力「スマートライフプラン」(2016年4月1日実施)の夜間時間帯単価)
※1回の満充電で走れる距離は、車種、仕様環境、運転方法等により異なります。
※上記試算には基本料金、再生可能エネルギー発電促進賦課金、燃料費調整額を含んでおりません。

Q車としての利用以外にEV・PHVでできることはありますか?

A

車種によっては専用の設備(パワーコンディショナー)を設置し、EV・PHVに搭載されたバッテリーに蓄えられた電気を住宅内に送り、照明や冷暖房などに必要な電気として利用することができます。 この仕組みをV2H(Vehicle to Home)といいます。

<EV・PHVから住宅への電気供給イメージ>

Q停電など非常時の電源として、EV・PHVで蓄えられた電気が使えるのですか?

A

住宅内に電気を供給するための専用設備(パワーコンディショナー)を設置すれば、停電などの非常時、EV・PHVに搭載されたバッテリーに蓄えられた電気を住宅に送ることができます。
また、100Vコンセントを有している車種では、車内で携帯電話等の充電や家電機器の使用ができます。

※車種により異なります

Q停電など非常時、EV・PHVで蓄えられた電気はどの程度使えますか?

A

EV・PHVに搭載されたバッテリーから10kWhの電気が利用できる場合、1日における電気製品の活用イメージは以下のとおりです。

<停電時におけるEV・PHV活用イメージ>

※機器の消費電力は目安です。消費電力が多い機器を使用した場合や、電気機器の接続状態によってはご使用できない場合もあります。

電気料金について

Q1回の充電で、電気代はどのくらいかかりますか?

A

EV・PHVの満充電に必要な電力量(kWh)は、EV・PHVに搭載されているバッテリーと、バッテリーに残っている電力量によって異なります(下表参照)。

例えば、「1回の充電量(要する電力量)」が16kWhの場合、ご契約の電気料金メニューの電力量料金単価(円/kWh)に16kWhをかけていただきますと、充電に必要な電気代の目安が分かります。

料金メニューにつきましては、こちらをご覧ください。

Q夜間に充電するとお得と聞きましたが、本当ですか?

A

夜間時間帯の電力量料金がお得な料金プランにご加入いただくと、夜間に充電することでお得になります。
ただし、昼間時間帯の電力量料金が従量電灯やスタンダードプラン(標準的な料金プラン)よりも割高になる料金プランもありますので、EV・PHVだけでなくご家庭全体の電気の使用状況をふまえてご検討ください。

※上記は基本料金の変動を加味しておりません。
※料金プランについてはこちらをご覧ください。

QEV・PHVの購入を考えていますが、スマートライフプランに加入することはできますか?

A

"スマートライフプランは、総容量が1kVA以上のエコキュートや電気温水器など夜間蓄熱式機器もしくはオフピーク蓄熱式電気温水器をご使用のお客さまにご加入いただけるプランです。
EV・PHVをお持ちでも、夜間蓄熱式機器などをご使用でない場合はご加入いただけません。
なお、当社では、夜間蓄熱式機器などをお持ちでないお客さまにもお選びいただける、ライフスタイルにあわせた魅力的な料金プランをご用意しています。

ご家庭の電気ご使用状況によって最適な電気料金プランは異なりますので、 詳しくはこちらをご覧ください。

QEV・PHV用の電気料金割引プランはありますか?

A

自宅でマイカーに充電するとポイントが貯まる「eチャージポイント」を2017年2月から開始しました。貯まったポイントは当社のポイント提携先でご利用いただけます。さらに、2017年春を目途に、貯まったポイントが電気料金のお支払いにもご利用いただける予定です。

※eチャージポイントについてはこちらをご覧ください。

QEV・PHVを購入した場合、太陽光の買取価格が変更になるのですか?

A

EV・PHVを車としてのみご利用いただく場合は、太陽光の買取価格が変更になることはありません。
ただし、EV・PHVに搭載したバッテリーに蓄えられた電気を活用し、住宅に供給する場合は、太陽光発電とのダブル発電とみなされ(太陽光出力10kW未満の場合)、買取価格が変更となる場合があります。

※再生可能エネルギーの固定価格買取制度における調達価格・調達期間のお知らせはこちらをご覧ください。

Q車のナビに1kWhあたりの電気料金を入力する欄があります。どのように入力したらいいですか?

A

お客さまがご契約されている料金プランと、EV・PHVを充電する時間帯により、1kWhあたりの電気料金は異なりますのでご契約の料金プランの料金単価をご確認いただき、ご入力をお願いいたします。

料金プラン単価はこちらをご覧ください。

助成制度について

QEV・PHV本体の補助金はありますか?

A

国の補助金に関しては、一般社団法人次世代自動車振興センターのホームページ上で「クリーンエネルギー自動車(CEV)導入促進対策費補助金」の最新情報が提供されています。
また、各自治体において補助金等の助成制度を設けている場合があります。詳細は各自治体へお問い合わせください。

Q急速充電器設置には、補助金があるのですか?

A

"国の補助金に関しては、一般社団法人次世代自動車振興センターのホームページ上で「次世代自動車充電インフラ整備促進事業費補助金」の最新情報が提供されています(平成28年度補助金については平成28年9月30日で公募申請終了)。
また、各自治体において補助金等の助成制度を設けている場合があります。詳細は各自治体へお問い合わせください。"

充電について

Q1回の充電で、どの程度走ることができますか?

A

現在販売されている代表的なEVの実航続距離(1回の満充電で走行できる距離)は約100km~200kmであり、毎日の通勤や買い物など日常生活においては、十分に活用できます。
また、現在販売されている代表的なPHVのバッテリーのみでの実航続距離は、約20km~50kmですが、バッテリーの残量が無くなってもエンジンを使って走行することができるため、長距離走行も可能です。

※航続距離は、車種、走り方、エアコンの使い方などで変化します。

Q急速充電器を利用すると、何時間程度で充電できますか?

A

急速充電器では30分前後で約80%まで充電することができます。
※数値は参考値であり、車種や充電器の種類、電池残量により異なります。

<EV・PHVの充電方法イメージ>

Q急速充電器はどのくらい設置されていますか?

A

2017年2月現在で、全国で約7,000基あります。出典元:CHAdeMO協議会
高速道路のSA・PA、コンビニエンスストア、道の駅、自動車販売店、商業施設など、外出時に充電できる便利な充電スポットが大幅に増えました。

Q充電スタンドの場所を調べる方法はありますか?

A

以下の外部リンクにて充電スタンドの検索が可能です。

合同会社日本充電サービス(NCS)のホームページ
NCSの充電インフラネットワークの急速充電器および普通充電器の設置場所が検索できます。

日産自動車(株)電気自動車(EV)総合情報サイトホームページ 全国充電スタンド検索
全国の急速充電器が地図より検索できます。また日産自動車の販売店設置の充電スタンドが検索できます。

三菱自動車工業(株)EV(電気自動車)に関する総合ポータルサイトEVポータル 充電ポイント検索
三菱自動車の販売店設置の充電スタンドが検索できます。

電気自動車充電スタンド情報「EV充電スタンド情報 GoGoEV」
急速充電器および普通充電器の設置場所が検索できます。

電気自動車の充電スポット検索サービス「EVsmart」
急速充電器および普通充電器の設置場所を車種を指定して検索できます。

CHAdeMO(チャデモ)協議会のホームページ
急速充電器の規格統一と普及のための団体「CHAdeMO協議会」のホームページで全国の急速充電器が検索できます。

Q家でも充電できますか?

A

EV・PHV専用コンセントを自宅に設置することにより、ご家庭でも充電が可能になります。

QEV・PHVを購入したいのですが、普通のコンセントで充電できますか?

A

多くのEV・PHVの充電には10A以上の電流が長時間流れるため、普通のコンセントを使用すると過熱や発火等の事態を招くおそれがあり、『内線規定(一般社団法人日本電気協会発行)』において、EV・PHV充電用の専用回路と充電用コンセントを施設することが規定されています。
詳しくは、自動車販売店、または電気工事店へお問い合わせください。

充電設備導入工事について

Qどのような工事が必要ですか?

A

EV・PHV充電用の専用回路の工事(配線用遮断器、専用配線、EV・PHV充電用コンセントの設置工事)が必要となります(下図参照)。なお、工事費用はお客さまのご負担となります。
また、電気の引き込み配線が「単相2線式」の場合は200V機器をご使用できないため、「単相3線式」に変更する工事が必要となります。引込線取付点までの工事費用は、通常、お客さま負担はございませんが(需要場所の特別措置をご希望される場合を除きます)、引込線取付点から分電盤までの引込口配線や屋内配線の工事はお客さまのご負担となります。

<EV・PHV導入にともなう工事イメージ>

「単相3線式」と「単相2線式」の違いについて詳しくはこちらをご確認ください。

QEV・PHVを購入します。ブレーカー契約(従量電灯、スタンダードプランS・L、等)の場合、契約容量はどのくらい上げればよいですか?

A

EV・PHVの車種により異なりますが、多くの乗用車タイプのEV・PHVは約3kW(単相AC200Vの場合)の電力が必要となるため、ご契約容量は3kW相当の30アンペア程度上げることをおすすめします。
ただし、ご契約アンペアを決める際は、一度にどれだけの電気機器をご使用になるかをあわせて考える必要があります。
一度にご使用になる電気機器が少ない時間帯に充電するなど、使い方の工夫で、ご契約容量を変更しなくて済む場合もあります。

ご契約アンペアの変更について、詳しくはこちらをご覧ください。

Q東京電力エナジーパートナーと電気契約をしており、EV・PHVの充電器(専用配線)を増設しました。申し込みは必要ですか?

A

充電器用の専用配線(回路)増設など、内線工事を伴うお客さま電気設備を変更される場合は、設備変更または契約変更のお申し出が必要になります。
お手数ですが、電気工事を実施する電気工事店さまにご相談いただき、電気工事店さまから申し込みくださいますようお願いいたします。

お申し込み方法等はこちらをご覧ください。

Q工事費はどの程度かかりますか?

A

自動車販売店の中には、戸建住宅への普通充電設置のための標準的な工事費は約5~10万円と紹介しているところがあります。
費用は工事の規模により異なりますので、詳しくは、自動車販売店、または電気工事店とご相談ください。

日産自動車(株)のホームページ三菱自動車工業(株)のホームページでは、工事に関する内容が紹介されています。

その他

QEV充電場所の案内表示マークCHARGING POINT(チャージングポイント)はどうしたら使用できますか?

A

「CHARGING POINT」は、EV・PHVのドライバーの方々が迷わず安全に充電器をご利用いただけるよう、充電器の設置場所を示す全国共通の案内サインとして2008年に作成された東京電力HDの登録商標です。
無償でお使いいただけますが、ドライバーの視認性を確保するため、図形や色の改変を禁止したり、設置場所・方法を限定するなど、ご使用にあたっては一定のルール遵守をお願いしております。

使用方法や申請方法など詳しくはこちらをご確認ください。

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. Q&A