平成28年度 省エネ大賞 経済産業大臣賞の受賞について
~隅田川の再生可能エネルギー熱を利用した箱崎熱供給センターでの省エネの取り組み~

2017年1月23日
東京電力エナジーパートナー株式会社

 このたび、東京電力エナジーパートナー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小早川智明)と東京都市サービス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:福嶋岳夫)および株式会社日建設計総合研究所(本店:東京都千代田区、代表取締役所長:野原文男)は、箱崎地区熱供給センターの設備改修における省エネルギーと電力負荷平準化の実績に関して、一般財団法人省エネルギーセンターが主催する平成28年度省エネ大賞省エネ事例部門の経済産業大臣賞を受賞しました。

 当社は、箱崎地区熱供給センターの第一プラントに、1989年に国内で初めて河川の再生可能エネルギー熱を活用した熱供給(地域冷暖房)を導入し、その後も技術支援を行っております。
 また、東京都市サービスは設備のリニューアルの計画・実施、熱供給を行い、日建設計総合研究所は省エネルギー効果を検証しております。

 このたびの受賞は、当該設備のリニューアルにおいて、「イニシャルコスト低減と高効率化の両立」「河川水利用システムの見直しによる再生可能エネルギー熱の利用技術の確立」「蓄熱システムの見直しによる電力負荷平準化の更なる拡大」などにより、熱供給プラント効率を30%向上させ、国内トップレベルの同効率1.24を実現するとともに、最大電力の22%低減、電力夜間移行率の16%向上を達成した取り組みが高く評価されたものです。

 当社は、本取り組みによる知見を活用し、世界最高水準の省エネルギーを実現するサービスの提供を目指すとともに、総合エネルギーサービス企業として、引き続き、お客さまの暮らしと企業の成長を強く支えるとともに、社会の多様なニーズにお応えする新しい価値の創造に挑戦し続けてまいります。

以 上

※省エネ大賞
 省エネ大賞は、国内において省エネルギーを推進している事業者および省エネルギー性に優れた製品を開発した事業者の活動を発表大会で広く共有するとともに、優れた取り組みを行っている事業者を表彰することにより、省エネルギー意識の浸透、省エネルギー製品の普及促進、省エネルギー産業の発展および省エネルギー型社会の構築に寄与することを目的としている。

別紙

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. プレスリリース・お知らせ
  3. プレスリリース
  4. プレスリリース2017年一覧
  5. 平成28年度 省エネ大賞 経済産業大臣賞の受賞について
    ~隅田川の再生可能エネルギー熱を利用した箱崎熱供給センターでの省エネの取り組み~