2018年8月9日
東京電力エナジーパートナー株式会社

 当社が提供する電気・ガスの新料金プランについては、法令に基づきご契約の締結・変更時にその内容をお客さまへお知らせすることとなっておりますが、この度、受付業務の処理漏れにより7,065件のお客さまへ通知できていなかったことを確認したため、お知らせいたします。
 このうち、電気のご使用量をお知らせできていないお客さまが1,430件、お申し込み時や電気料金のお支払いに伴い付与されるポイントをご提供できていないお客さまが6,327件いらっしゃることも判明いたしました。

1.発見の経緯  本年7月19日、受付業務を行っている当社関係会社の社員から、お客さまの契約内容や電気のご使用量を閲覧するための当社Webサイト「くらしTEPCO」のログインに必要なID・パスワードが届いていないことや、本来付与されるべきポイントが付与されていない等のお問い合わせがお客さまから多数寄せられている旨の連絡が入り、社内で調査を行ったところ判明いたしました。

2.お客さまへの対応  対象のお客さまへは、8月13日、8月14日に、お詫びの文書を送付するとともに、ご契約内容やご使用量をお知らせさせていただきます。また、ご提供が漏れていたポイントについては、準備が整い次第速やかにご提供させていただきます。

3.発生の原因

  • 通常、電気・ガスの新料金プランに関わるお申し込みを受付した際には、お客さま情報の登録に伴い自動でご契約内容のご案内が作成・通知されますが、当日中に全ての登録作業が完了しない場合等は、ご契約内容の自動通知を保留することとしています。
  • 本来、保留を行ったお客さまについては、登録作業の完了後、保留を解除することとしておりますが、異動による本作業の担当者変更に伴い、保留解除の作業が漏れたことと、管理者等によるチェック機能が十分に働かなかったことが現在、判明している主な原因です。今後、社内にて詳細に調査を進めてまいります。

4.再発防止策  現時点では、法令リスクのある業務について、実際の作業者とは別の管理職等によるチェックを行うことや、マニュアルに則った適切な運用が行えているか、業務実施箇所とは別の社内管理箇所によるチェックを定期的に行うこと等を検討しておりますが、詳細な原因を精査した上で再発防止対策をしっかりと講じてまいります。また、社内研修等の実施により、法令遵守に関わる社員の意識向上に努めてまいります。

 このたびは、お客さまをはじめ、広く社会の皆さまに、ご心配とご迷惑をお掛けしたことを心よりお詫び申し上げます。

以 上

電気事業法第二条の十四ならびにガス事業法第十五条では、電気およびガスの契約締結・変更時には、遅滞なくご契約内容を記載した書面を交付することが定められている。

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. プレスリリース・お知らせ
  3. プレスリリース
  4. プレスリリース2018年一覧
  5. お客さまへのご契約内容等の未通知ならびにポイントの提供漏れについて