2019年9月27日
東京電力エナジーパートナー株式会社

 本日、2019年6月~2019年8月の燃料価格(原油、LNG、石炭の貿易統計価格)が公表されたことにともない、2019年11月分の電気料金における燃料費調整単価が下記のとおり確定いたしました。

燃料費調整単価

  • 11月分から全てのお客さまの電気料金に消費税率10%が適用されます。

  • 関東エリア:栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および静岡県(富士川以東)

  • 消費税率については2019年10月1日以降、8%から10%へ変更になりますが、消費税法上の経過措置により、10月分の電気料金に2019年9月30日以前のご使用期間が含まれるお客さまには引き続き8%が適用され、11月分の電気料金から消費税率10%が適用となります。

  • 10月分の電気料金の算定期間は、9月の検針日(計量日)から10月の検針日(計量日)前日までとなります。
    詳しくはこちらをご覧ください。

<参考1>平均モデルの影響額
11月分の電気料金は、10月分に比べ105円の増となります。
平均モデルの影響額

  • 従量電灯B・30A、使用電力量260kWh/月の場合で、再生可能エネルギー発電促進賦課金、口座振替割引額、消費税等相当額を含みます。

  • 平均モデルにおける2019年5月分から2020年4月分の電気料金に適用する再生可能エネルギー発電促進賦課金は、767円となります。

<参考2>燃料価格
(1)平均燃料価格(貿易統計)
平均燃料価格(貿易統計)

(2) 燃料価格の動向
燃料価格の動向

以 上

別紙

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります