• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

電気料金・各種お手続きへ
電気のご利用Q&Aトップ
注意しておきたいこと
question
電線・電柱はどんなときに危ない?
小さな子どもがいるのでコンセントが心配なんだけど?
停電時などにパソコンのデータを守るには?
「禁止」「注意」「指示」のマークってどういう意味?
外国への引っ越しや海外旅行で気をつけることは?
「電気代が安くなる」ってセールスがくるんだけど?
電気の契約や料金で注意することって?
鉄塔から「ジージー」といった音がするけれど?
ふだん使っているヘアードライヤーを海外に持って行ったら、コンセントの形が違っていたり、電圧が異なっていたために使えなかったということがよくあります。
電圧やコンセントの形は国によってさまざまです。電気製品を持っていく場合は、電器店に相談して、使用できるものを選びましょう。
海外で使用する電気製品は専門店に

海外旅行専門店や大きな電器店には海外用品のコーナーがあります。
海外でも使用できるヘアードライヤー・アイロン・ひげそりなどの電気製品や数種類のプラグセットなどがあり、プラグセットは訪問地域別にセットされているものもあります。
また、変圧器を使えば手持ちの電気製品も海外で使えますが、変圧器には種類があり、訪問国で使えるものを選ばなくてはなりません。

コンセントの形が同じでも危険

国によっては電圧が日本の倍以上のところもあるため、間違ってコンセントに差し込むと、器具が使えないばかりか、ケガをする恐れもあるので、ご注意ください。なお、コンセントは英語ではアウトレット(Outlet)といいます。

主要国の電圧・周波数リスト(住宅用)

 国名
電圧(ボルト)
周波数(ヘルツ)
 大韓民国 (ソウル) 110、220 60
 台湾 (台北) 110、220 60

 中華人民共和国
 (北京)

220

50

 中華人民共和国
 (香港)

200、220

50
 フィリピン (マニラ) 230 60
 タイ(バンコク) 220 50
 シンガポール 230、400 50

 インド
 (ニューデリー)

230、240、400

50

 オーストラリア
 (シドニー)

240、415

50

 ニュージーランド
 (ウエリントン)

230、240、400

50

 アメリカ合衆国
 (ワシントン)

120、208、240

60

 アメリカ合衆国
 (ハワイ)

120、208、240

60

 アメリカ合衆国
 (グアム)

120、240

60
 カナダ (オタワ) 120、208、240 60

 メキシコ
 (メキシコシティー)

120、127、220、230

60
 イギリス (ロンドン) 240 50
 フランス (パリ) 230、400 50
 イタリア (ローマ) 220、380 50

 スペイン
 (マドリッド)

127、220、380

50
 ギリシャ (アテネ) 230 50
 スイス (ジュネーブ) 230、400 50

 オーストリア
 (ウイーン)

230、400

50
 ドイツ (ベルリン) 230 50

 オランダ
 (アムステルダム)

230

50
 ノルウェー (オスロ) 230 50

 スエーデン
 (ストックホルム)

230、400

50
 ロシア (モスクワ) 127、220、380 50

同じ国の中でも都市によって異なる場合があります。くわしくは、電器店にご相談ください。

ページの先頭へ戻ります