使い方のポイント

まとめ洗いで省エネ

まとめ洗いをすると電気だけでなく、水、洗剤の節約になります。

フィルターのお掃除はこまめに

フィルターが目詰まりすると乾燥時間が長くなり電気を多く消費します。

Q&A

A1水温が高いほど、洗浄度は高くなります。冬など水温が低い季節は、お風呂の残り湯を利用すると洗浄度アップにつながります。

水温を変えて、カーボンや油などで汚した布を洗濯し、洗浄度を比較してみました。

水温10℃の場合に比べ、20℃の場合は20%、40℃の場合は40%も洗浄度がアップしました

全自動洗濯機を下記の条件で運転しました。
水温:10℃/20℃/40℃、布量:6kg、洗剤量:60g、洗濯時間:9分 注)各試験水準毎に試験を5回繰り返しました。
・JIS C9811(電気洗濯機の性能測定法)の洗浄度試験方法に準じて、所定の条件で洗浄した人工汚染布(カーボン・油などの汚れ)の洗浄度を測定しました。
・洗浄度の測定には測色計(コニカミノルタ CM-500)で汚染布の反射率を測定し、所定の計算式で洗浄度を求めました。

東京電力エナジーパートナー調べ

ページの先頭へ戻ります