Smart lifeスマートウェルネスのイメージ写真

「東京電力エナジーパートナーによるスマートウェルネス設備推奨」とは

快適・清潔な住環境を目指して

●近年、花粉やPM2.5、ヒートショック問題などを受け、住まいにおける温熱・空気環境を向上させ、より快適により健康に暮らしたいというお客さまのニーズが高まっています。
●東京電力エナジーパートナーでは、このようなお客さまに安心して空調・換気設備をお選びいただけるよう、快適性や清潔性を兼ね備えた設備を第三者の立場から推奨する取り組みを実施しています。
●有識者を監修役とした審査会において、一定水準以上の「省エネ性」に加え、快適性や清潔性に関連して設定した「スマートウェルネス機能」を有する設備機器を確認し、東京電力エナジーパートナーとして推奨します。

※「スマートウェルネス」とは、健康を意味する「ウェルネス」に、主に快適性や清潔性という意味を込めています。

お困りごとの例

対象設備一覧表

対象となる設備は以下のとおりです。設備機器メーカーさまの機器一覧はこちらをご覧ください。

対象設備一覧表

対象となる設備は以下のとおりです。設備機器メーカーさまの機器一覧はこちらをご覧ください。

【空調設備】

【換気設備】

ロゴマークと「スマートウェルネス機能」

推奨設備の普及のため、以下のロゴマークを各メーカーさまパンフレットや店頭などで活用します。
快適性や清潔性に関する「スマートウェルネス機能」を以下のとおり設定し、それぞれの設備機器ごとにその機能の有無を確認しています。

ロゴマーク

快適性

温熱環境改善のイメージ

温熱環境お知らせのイメージ

清潔性

室内空気質配慮のイメージ

室内空気質お知らせのイメージ

脱臭のイメージ

メンテナンスのイメージ

※本機能は推奨設定ごとに異なります。

(参考)設備機器メーカーさまの活用事例

ダイキン工業㈱さまパンフレットより抜粋

各設備の推奨機能について

エアコン

エアコンは、省エネ冷暖房設備のみならず、快適・清潔に暮らすためのさまざまな機能を兼ね備えています。

快適性

清潔性

ヒートポンプ温水式床暖房

ヒートポンプで温水をつくる温水式床暖房は、足下から暖房するため、快適性が向上します。

快適性

清潔性

全館空調

冷暖房から換気まで、家全体の室内環境をコントロールするのが「全館空調システム」。浴室やトイレまで含めて冷暖房するため、家の中の温度差が非常に少なくなり、ヒートショック問題に貢献します。

快適性

清潔性

※機能は推奨設備ごとに異なります。

第1種換気設備

2003年建築基準法の改正により、機械換気設備等の設置が義務づけられています。換気設備等によって空気の質をコントロールすることは、居住環境向上のために重要です。

快適性

清潔性

※機能は推奨設備ごとに異なります。

第1種換気設備とは

機械換気設備には換気扇や送風機を用いて、安定的に換気量を確保するもので、その使い分けにより、以下の3種類の区分があります。

第1種換気:給気と排気の両方をファンで行う。給気量と排気量の確保に最も適している。双方の風量の調節により、室内の圧力を室外に対して正圧にも負圧にもできる。

第2種換気:給気ファンと排気口(ファンなし)で行う。排気経路は明確ではなく、汚染空気が他の部屋に押し込まれたり、壁の気密が不十分だと壁体内に湿気が侵入し内部結露に結びついたりする。住宅では敬遠されることが多い。

第3種換気:排気ファンと給気口(ファンなし)で行う。臭気や水蒸気が発生する場所にファンを設置し、汚染物質を確実に排気する。室内は負圧となるため、隣接する天井裏や床下、壁内の空気が室内に流入しがちとなる。

室内圧をコントロールしやすい第1種換気設備をおすすめします。

※機能は推奨設備ごとに異なります。

浴室換気暖房乾燥機

近年、浴室でのヒートショックによる事故が報告されるようになり、浴室暖房の重要性が指摘されるようになりました。浴室換気暖房乾燥機によって、浴室を予備暖房して暖めておくことは快適性向上に加えてヒートショックを軽減することにもつながります。また、浴室は高温多湿環境であり、カビ発生の温床です。乾燥運転は、衣類を最適に乾燥するだけでなく、浴室のカビ抑制にも効果的です。

快適性

清潔性

監修役 芝浦工業大学工学部建築工学科 秋元孝之教授より

芝浦工業大学工学部建築工学科教授
1963年東京都生まれ
1988年早稲田大学大学院理工学研究科建設工学専攻修了
カリフォルニア大学バークレー校環境計画研究所に留学
清水建設勤務、関東学院大学工学部教授を経て現職
2014年度スマートウェルネス住宅研究開発委員会
エネルギー・情報設備部会 主査
博士(工学)・一級建築士

省エネといえば我慢するイメージが強くありますが、そういったエコロジー生活には限界があります。また、冷房や暖房を行わないことで光熱費は削減されるかもしれませんが、熱中症になったり、風邪を引いて医療費がかかることにつながれば、エコノミー生活でもなくなってしまいます。海外では、「energy efficiency」というと、節電というより、「かけたお金に対して見合う便利さや豊かさ等、暮らし全般のベネフィットを上げること」を意味することが多くあります。
理想的なエコ生活は、導入する設備等を省エネ性能のみから選定するのではなく、それぞれの暮らし方に合わせた、健康や快適性といった住環境の観点を合わせて総合的に勘案することにより、達成できるものだと考えています。
東京電力が開始したスマートウェルネス設備推奨の取組みは、そのような住環境を目指すための一助になるのではないかと期待しております。

秋元 孝之 教授

設備機器メーカーさま問い合わせ先一覧

個別の設備の具体的な機能については、以下設備機器メーカーさまにお問い合わせください。

  設備機器メーカーさま 連絡先
エアコン シャープ(株) 0120-078-178
ダイキン工業(株) 0120-88-1081
東芝ライフスタイル(株) 0428-34-1758
パナソニック(株) 0120-878-692
日立アプライアンス(株) 0120-3121-11
(株)富士通ゼネラル 044-861-7650
三菱重工冷熱(株) 03-6891-4448
三菱電機(株) 0120-139-365
ヒートポンプ温水式床暖房 (株)コロナ 03-3927-1152
ダイキン工業(株) 0120-88-1081

 (株)長府製作所

0120-925-339

三菱電機(株) 0120-139-365
全館空調 アズビル(株) 0120-87-8349
(株)デンソーセールス 03-6367-3808

東芝キヤリア(株)

044-331-7414

三菱電機(株) 0120-139-365
第1種換気設備 ダイキン工業(株) 0120-88-1081
東芝キヤリア(株) 0120-015-613
日本スティーベル(株) 044-540-3203
パナソニック(株) 0570-064-730
マックス(株) 0120-228-428
三菱電機(株) 0120-726471
浴室換気暖房乾燥機 東芝キヤリア(株) 0120-015-613
パナソニック(株) 0570-064-730
マックス(株) 0120-228-428
三菱電機(株) 0120-726471

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 家庭のお客さま
  3. Smart life
  4. スマートウェルネス