導入事例:電化厨房採用事例のご紹介

福島給食センター

1.福島で働く方の食環境を改善

  • 衛生管理の徹底
  • 多種多様なメニューの調理が可能な厨房エリア
  • 1日最大3600食の給食が提供可能な計画
  • 朝、昼、夜、全ての時間帯で暖かい給食の提供を実現
  • 2時間喫食を確実に実現する配送体制

2.魅せる給食施設・食の情報発信基地

  • 2階から様々な施設見学ルートの確保
  • オール電化厨房の実現
  • 各セクション別の監視モニターとエネルギーの見える化
  • 最新厨房設備機器の導入

3.地域への貢献

  • 福島の食材の安全性をアピール
  • 積極的な地元雇用
  • 従業員用の送迎バスや駐車場の設置
  • 従業員の作業環境の向上(食堂や休憩室を設置)

4.環境にやさしく災害に強い給食センター

  • 省エネに配慮した最新のシステム
  • 自然エネルギーの有効活用
  • 災害時対応システム

福島給食センター概要

設置場所 福島県双葉郡
大熊町大字大川原字南平
構造種別 鉄骨造2階建て
延床面積 約3,500m2
提供食数 1日あたり最大約3,000 食
起工式 平成26 年5月29 日

 

福島給食センターの航空写真

洗浄ライン

炊飯ライン

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. ソリューションのご案内
  3. 電化厨房システム
  4. 導入事例:電化厨房採用事例のご紹介