ハイブリッドESPとは

東京電力のエネルギーサービス(ESP)は、当社が提案する高効率システムの導入(セントラル空調・給湯設備)やエネルギー管理などを基本に、電気、ガスなどのエネルギー調達、受変電設備や自家発設備など、お客さまのニーズに合わせたトータルエネルギーサービスをご提供いたします。

ハイブリッドESPのイメージ図

  • 東京電力のエネルギーサービスは、提案から保守メンテナンスまでワンストップでご提供いたします。
  • 電力・熱のプロフェッショナルであるエネルギー会社としての培った専門的なノウハウ(設備面・料金面)をさまざまなシーンで活用し、お客さまに最大限のメリットをご提供いたします。

主なシーンにおける当社エネルギーサービスのメリット

提案

  • 電気やガスの特徴を活かしたベストシステムをご提案します。
  • 運用面なども考慮し、お客さま実態に即したシステムをご提供します。

事業性検討

  • 当社の持つ高い調達力や補助金の活用などにより、建設費を圧縮し、コストパフォーマンスの優れたエネルギーサービスをご提供します。

設計・施工

  • グループ会社や空調設備会社と綿密に協議を行い、お客さまに安全 かつ安心してお使い頂けるシステムをご提供いたします。

エネルギー管理(実績報告・チューニング)

  • 負荷実態を把握し、導入機器の特徴を活かした運用改善を行います。
  • 電気やガスの料金メニューの特徴に合わせた設備運用をご提案します。

保守メンテナンス

  • 故障時対応や定期点検等も含めた経費を平準化することで,安心して ESP対象設備をご利用いただけます。

既存設備を全面ヒートポンプに改修する場合

既存設備を高効率ヒートポンプに全面改修されるお客さまには、省エネ・省CO2が図れるヒートポンプ技術を利用した「熱源システム」をご提案いたします。

空調システム

空調システムのイメージ図

給湯システム

給湯システムのイメージ図

給湯システムのイメージ図

既存設備の一部をヒートポンプに改修する場合

既存設備の一部を高効率ヒートポンプに改修されるお客さまには、省エネ・省コストが図れる「ハイブリッド熱源システム」をご提案いたします。

「ハイブリッド熱源システム」とは、ベース負荷を高効率な電気式ヒートポンプでまかない、ピーク負荷を既存の燃焼式熱源機で対応するシステムです。

ハイブリッド空調システム

ハイブリッド空調システムのイメージ図

ハイブリッド給湯システム

ハイブリッド給湯システムのイメージ図

ハイブリッド熱源システムの運転イメージ

一日の運転パターン

ハイブリッド熱源システムの運転イメージ

導入による3つのメリット

  • 高効率ヒートポンプの優先運転により、一次エネルギー・CO2排出量・エネルギー費を削減。
  • 一部既存設備は更新せずにそのまま使用するので、工事費用の抑制が可能。
  • 既存熱源設備が更新時期前でも、ヒートポンプの追加設置することでシステム構築が可能。

ページの先頭へ戻ります