コスト削減を実現したハイブリッド給湯システム導入事例

某ホテルさまでは地下より汲み上げられた温泉は、ボイラにより循環保温されておりましたが、多客日に生じる給湯やシャワーならびに各熱交換系のトラブルとエネルギーコストの増加が課題となっておりました。
そこでヒートポンプ給湯機と貯湯槽を設け、夜間電力を利用するシステムへと見直しを実施し、重油への依存を解消することで2つの課題を解決されました。

ハイブリッド給湯システム(改修前)

ハイブリッド給湯システム(改修後)

ページの先頭へ戻ります