JERAの設立趣旨・基本理念

我が国の産業競争力の強化などに貢献するために、国際競争力のある電力・ガス等のエネルギーを安定的に供給することは、日本のエネルギー事業者の公益的使命と考えています。そして、世界的な資源獲得競争が激化する中で日本のエネルギー事業者がこの使命を遂行するためには、世界で戦うグローバルなエネルギー企業の創出が不可欠です。
東京電力と中部電力は、国際競争力あるエネルギーの安定供給を通じた公益的使命の達成と、両社グループの企業価値向上を目指して、JERAを設立しました。

JERAの基本理念

1.グローバルなエネルギー企業を創出

国際エネルギー市場で競合他社と互角に戦うことができるグローバルなエネルギー企業を創出し、お客さまへの国際競争力あるエネルギーの供給を安定的に行うと同時に、対等・互譲の精神の下、東京電力グループ、中部電力グループ双方の企業価値を向上させること

2.新たなエネルギー事業モデルを構築

両者が最高水準の技術、人、設備等の経営資源を持ち寄ることにより新たなエネルギー事業モデルを構築するとともに、JERAは、独立した企業文化と市場から信任される強く健全な経営・財務体質を有し、自律的な事業運営および迅速な意思決定が可能な経営体制が確保されたものとすること

3.バリュー・チェーン全体の強化

燃料上流・調達から火力発電に至るまでのバリュー・チェーン全体を一体的かつ最適にマネジメントすることにより、事業全体での効率を高め、競争力向上、利益追求を図ること

グローバルなバリュー・チェーンの構築を目指して

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 改革に向けた挑戦
  3. JERAの設立趣旨・基本理念