グローバルなバリュー・チェーンの構築

バリュー・チェーンを一体的かつ最適に管理・運営し、「最も経済的な燃料を最も効率の高い発電所で発電できる(状況によっては他所に転売できる)体制」の構築を目指しています。

バリュー・チェーン構築による最適化のイメージ

仕向地制限条項の撤廃について

JERAが設立され、燃料調達規模が拡大したことによって、燃料調達における交渉力が格段に拡大しました。例えば、交渉によって燃料調達に当たっての仕向地制限条項(※)を撤廃することができれば、燃料を柔軟に調達することができるようになります。

仕向地制限条項:貿易売買契約において、貨物の送り先である仕向地を制限し、買主の第三国への転売を認めない条項のこと。

「競争力の強化」に向けたアプローチ

競争力の強化を目指して、海外進出等の「事業領域の拡大」と、燃料施設の充実等の「オペレーション能力の高度化」の2つの道筋から事業を開拓していきます。

「競争力の強化」に向けたアプローチ図

ページの先頭へ戻ります