安価・高効率発電所の優先的稼働

より安価な電気を生み出すため、各発電所の発電設備ごとに、熱効率や発電にかかるコスト(発電単価)を計算し、優先順位をつけて運転しています。また、LNG基地や石炭の在庫、系統制約、補修作業等によって都度、優先順位を補正する運用を行っています。

燃料費の削減に向けて、石炭火力や高効率LNG火力などの低コスト電源の運転を可能な限り拡大させ、石油火力などの高コスト電源の使用を極力抑える取り組みを実施しています。

燃料の使用量は電気の需要により変動します。また、燃料の受入量は年間で計画し、必要に応じて補正していますので、経済的な発電プラント運用は燃料の在庫を考慮して行っています。

ページの先頭へ戻ります