太陽光発電の増出力にも対応できる調整力の強化

太陽光発電の発電量の増加によって、火力発電設備の経済運用が損なわれないよう、調整力を強化し続けています。

現状

太陽光発電に対応したミドル・ピーク火力の調整力により、燃料費の安いベース火力の一定運転(高稼働)を維持。

太陽光発電との協調の現状のイメージ図

太陽光発電の一層の普及

太陽光発電の一層の普及により、ミドル・ピーク火力の調整力だけでは吸収出来ず、燃料費の安いベース火力が一定運転できない(稼働率低下)おそれが生じる。

太陽光発電の一層の普及のイメージ図

火力発電設備のさらなる調整力の強化

ミドル・ピーク火力の調整力を強化することで、太陽光の広がりを吸収し、燃料費の安いベース火力の一定運転(高稼働)を維持。

火力発電設備のさらなる調整力の強化のイメージ図

ベース火力: [燃料] 石炭、LNG(高効率)/ミドル・ピーク火力: [燃料] LNG、LPG、都市ガス、重原油

ページの先頭へ戻ります