燃料使用量削減に向けた中期的な取組み

火力発電所の熱効率・稼働率向上を実現するために、短期・中期・長期の設備対策に取り組んでいますが、中期的な対策として、コンバインドサイクル発電設備のガスタービンと燃焼器を取替えることにより、熱効率の向上に取り組んでいます。

横浜火力発電所のチャレンジ

横浜火力発電所では、運転開始から17年以上経過した改良型コンバインドサイクル(ACC)発電設備のガスタービン本体の取替えを実施し、7号系列、8号系列の全8軸ある発電設備のガスタービン本体を、約3年かけて取替えました。
この工事により、一軸あたりの発電効率が54.1%から55.8%へ向上するとともに、定格出力も35.0万kWから37.7万kWへ増加します。その結果、年間で燃料費を約80億円、CO2排出量を約24万t削減できる見込みです。

工事においては、蒸気タービンの据付工法見直しなどにより工事期間短縮に努めた結果、8号系列第2軸の更新時には、初軸更新時の計画から25日前倒しで取替を実現いたしました。

2017年12月12日 【プレスリリース】横浜火力発電所8号系列第2軸の高効率化について~7・8号系列全軸高効率化完了により、年間で燃料費約80億円、CO2排出量約24万t削減~

2015年7月31日 【プレスリリース】横浜火力発電所7号系列第2軸の高効率化について~ガスタービン等の取替工事が完了、発電効率の向上により燃料費やCO2排出量を削減~

既設のガスタービン設備本体の吊り上げ作業

新しいガスタービン設備(ローター)の吊込み作業

ガスタービン設備分解作業

  横浜火力発電所 7号系列
第1軸 第2軸 第3軸 第4軸
定格出力 各35万kW→37.7万kW
4軸合計 150.8万kW
運転開始年月 1998年1月
設計熱効率(LHV) 54.1%→55.8%
発電種別 LNG(ACC)
工事完了後の運転再開時期 2016年7月 2015年7月 2017年7月 2016年12月
  横浜火力発電所 8号系列
第1軸 第2軸 第3軸 第4軸
定格出力 各35万kW→37.7万kW
4軸合計 150.8万kW
運転開始年月 1998年1月
設計熱効率(LHV) 54.1%→55.8%
発電種別 LNG(ACC)
工事完了後の運転再開時期 2017年4月 2017年12月 2016年1月 2016年5月

富津火力発電所のチャレンジ

富津火力発電所では、運転開始から25年以上経過したコンバインドサイクル(CC)発電設備のガスタービン本体、燃焼器の取り替えを予定しています。1号系列・2号系列において、13軸のガスタービン本体を、約4年かけて取替える計画です。

富津火力発電所のチャレンジのイメージ写真1

富津火力発電所のチャレンジのイメージ写真2

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 改革に向けた挑戦
  3. 燃料費削減の取組み
  4. 火力発電所の設備対策
  5. コンバインドサイクル発電設備の部分更新