運転状態値の傾向監視による不具合の早期発見

稼働中の火力発電所では、運転状態値の傾向監視を行うことにより、通常の運転値から変化が見られたときに不具合を早期に発見する『予兆管理』を行い、不具合による停止を未然に防ぐ取り組みを行っています。

24時間緊急連絡ルート図

事例紹介

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 改革に向けた挑戦
  3. 燃料費削減の取組み
  4. 火力発電所の運用改善
  5. 火力発電所 不具合の早期発見(予兆管理)