軽質LNGの導入拡大

軽質LNGとは、従来のLNGに比べて単位容積あたりの熱量の低いLNGのことで、米国・カナダ産のシェールガスから生産されるLNGがその代表例です。従来、火力発電では重質LNGが主で使用されていましたが、2020年頃には、世界のLNG供給の半量程度が軽質LNGになると見込まれています。当社はこの軽質LNGの導入拡大に向けた取り組みを進めています。

ページの先頭へ戻ります