火力発電は、電力需要の変動に柔軟に対応することが可能であり、電力の安定供給上、重要な発電方式です。
東京電力フュエル&パワーは、火力発電の中ではCO2排出量が少ないLNG火力発電の活用や、発電熱効率の向上に取り組み、CO2排出抑制に努めています。

クリーンなエネルギーの使用

当社の火力発電所では、使用する燃料の大半を、CO2の排出量が比較的少ないLNGが占めています。

火力燃料別発電電力量構成比

 

発電熱効率の向上

化石燃料を利用する火力発電所では、熱効率を向上させることが、化石燃料の使用量を抑えCO2を削減することにつながります。

東京電力フュエル&パワーでは、効率のよい設備の導入などによって、熱効率の向上に取り組んでいます。

 

省エネ法ベンチマーク達成に向けた取り組み

東京電力フュエル&パワーでは、省エネ法のベンチマーク指標の達成に向けて取り組んでいます。

 

CO2排出量

CO2排出量は、「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づきCO2排出量を算定しています。

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 環境への取り組み
  3. CO2排出抑制対策