環境マネジメント推進体制

東京電力フュエル&パワーは、本社に「環境管理部会」を設置し、環境方針・目標の設定、対策の推進、実績のチェック&レビューを行っています。
また、環境保全活動を実践する全火力発電所では、ISO14001に準じたEMS(環境マネジメントシステム)を構築し、運用しています。
火力発電所では「環境委員会」を設置し、環境目標や環境管理計画の策定並びに実績管理を行うとともに、EMS全般のチェック&レビューを実施するなど、環境管理の中核的機能を果たしています。

東京電力フュエル&パワー環境方針

東京電力フュエル&パワーは、主体性を持って福島事業をやり遂げ、エネルギーの未来をつくり、自然や人に優しい健やかな社会を切りひらくため、事業活動のあらゆる局面において、環境に配慮した取り組みを進めます。
これらの取り組みにあたっては、環境法令等の遵守はもとより、地域社会をはじめとするステークホルダーのみなさまとの対話と情報開示を積極的におこなってまいります。

 

  • 低炭素社会への貢献
     CO2排出の少ないエネルギーの供給、再生可能エネルギー事業の展開、お客さまの省エネ支援、技術開発・普及等の低炭素ソリューションの提供を通じ、社会の低炭素化に貢献します。
  • 環境負荷の低減
     環境汚染等のリスク管理・対応の確実な実施、資源リサイクル等を通じ、環境負荷の低減と資源循環型社会の実現に貢献します。
  • 自然との共生
     地域の生態系の保全、影響の抑制に努め、生物多様性に配慮した社会づくりに貢献します。

エネルギー産業のあり方が大きく変わろうとしている今、東京電力フュエル&パワーは、未来に向け、多様な事業展開を通じて持続可能な社会の実現に貢献していきます。 

 

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 環境への取り組み
  3. 環境マネジメント