環境マネジメント推進体制

東京電力フュエル&パワーは、本社に「環境管理部会」を設置し、環境方針・目標の設定、対策の推進、実績のチェック&レビューを行っています。
また、環境保全活動を実践する全火力発電所では、ISO14001に準じたEMS(環境マネジメントシステム)を構築し、運用しています。
火力発電所では「環境委員会」を設置し、環境目標や環境管理計画の策定並びに実績管理を行うとともに、EMS全般のチェック&レビューを実施するなど、環境管理の中核的機能を果たしています。

東京電力フュエル&パワー環境方針

東京電力フュエル&パワーは、福島復興への責任を全うしつつ,持続可能な社会づくりに貢献するため、環境法令等の遵守はもとより、企業活動のあらゆる局面において、環境に配慮した取り組みを進めます。

  • 低炭素社会への貢献
     火力発電所の熱効率の維持向上等の省エネ対策を通じ、社会の低炭素化に貢献します。
  • 環境負荷の低減
     環境汚染等のリスク管理・対応の確実な実施、資源リサイクル等を通じ、環境負荷の低減と資源循環型社会の実現に貢献します。
  • 自然との共生
     地域の生態系の保全、影響の抑制に努め、生物多様性に配慮した社会づくりに貢献します。

東京電力フュエル&パワーは、地域社会をはじめとするステークホルダーのみなさまとの対話と情報開示を積極的におこない、取り組みの改善・充実を継続的に進めます。

 

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 環境への取り組み
  3. 環境マネジメント