環境マネジメント推進体制

東京電力フュエル&パワーは、本社に「環境管理部会」を設置し、環境方針・目標の設定、対策の推進、実績のチェック&レビューを行っています。
また、環境保全活動を実践する全火力発電所では、ISO14001に準じたEMS(環境マネジメントシステム)を構築し、運用しています。
火力発電所では「環境委員会」を設置し、環境目標や環境管理計画の策定並びに実績管理を行うとともに、EMS全般のチェック&レビューを実施するなど、環境管理の中核的機能を果たしています。

東京電力フュエル&パワー環境方針

福島復興への責任を全うしつつ、責任ある社内の一員として、環境に配慮した事業活動をグループ全体で連携して実施する。

  • 環境法令を遵守し、着実な環境アセスメント、有害化学物質(PCB・石綿等)の安全・確実な保管・処理等を実施する。
  • 徹底したコスト削減を進める中、環境マネジメントシステムの運用等を通じて環境負荷の低減に努めるとともに、環境汚染等のリスク管理・対応を確実に実施する。
  • 今後の国のエネルギー・環境政策を踏まえ、地球温暖化対策に貢献する。

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 環境への取り組み
  3. 環境マネジメント