2011年3月11日、東日本大震災の地震と津波によって、太平洋側の発電設備を中心に大きな被害を受けました。

地震・津波による影響のイメージ図

被害が大きかった発電所の状況(東日本大震災直後)

東日本大震災による地震と津波の影響で、福島第一、福島第二の原子力発電所と広野、常陸那珂、鹿島の火力発電所が停止し、電力供給量が一時約2,100万kW減少しました。

発電所 最大出力 震災直後の状況
原子力 福島第一 470万kW 全号機停止
福島第二 440万kW 全号機停止
火力 広野 380万kW 1,3,5号機:震災時停止中
2,4号機:震災により停止
常陸那珂 100万kW 1号機:震災により停止
鹿島 440万kW 1,4号機:震災時停止中
2,3,5,6号機:震災により停止

震災前の各火力発電所

火力発電所の取り組みのイメージ写真

※「震災前」の供給力は震災時点

ページの先頭へ戻ります