2018年5月17日
東京電力フュエル&パワー株式会社

 当社は、2019年4月1日に向けて、株式会社JERA(以下、「JERA」という)への既存火力発電事業等の統合を進めておりますが、JERAの事業モデルへの整合と企業価値の向上を両立するため、JERAの事業モデルの核となる「事業開発」、「販売・調達」および「O&M」(火力発電所の運転および保守)の機能を集約し、本年7月1日付けで以下の組織改編を実施いたします。

1.「事業開発部」の設置・再編
 統合以降、JERAが最適な資産構成を実現するため、「事業開発部」を設置し、必要な機能を再編します。

2.「最経済運用部」(販売・調達機能)の再編
 統合以降、JERAがサプライチェーン全体でトレーディング事業を最大限活用した最適化を実現するため、電気・ガスの販売に係る機能を担う電気・ガス販売部を電気・ガス販売センターとし、最経済運用部の下部組織として再編します。

3.「O&M本部」の設置・再編
 統合以降、JERAが国内外の競合他社に対して優位なO&Mモデルを確立するため、「O&M本部」を設置し、必要な機能を再編します。

以 上

<別紙>

関連プレスリリース・お知らせ

プレスリリース内検索

ページの先頭へ戻ります