当社の取組み

当社は、旧(株)クリーンコールパワー研究所実証機時代から、石炭を高効率に利用し、環境性・経済性に優れ、エネルギーセキュリティーの面からも大変有効なIGCC(石炭ガス化複合発電)の技術を育んでまいりました。CO2排出量低減を目指し、石炭の高度有効利用を果たすべく、これまでの技術・知見を活かし、福島IGCCプロジェクトの建設・運用においても、技術的サポートを行ってまいります。

IGCC(石炭ガス化複合発電)とは

Integrated coal Gasification Combined Cycleの略。
従来の石炭火力発電は、石炭を燃やした熱で蒸気を発生させて蒸気タービンにより発電します。IGCCは、石炭をガス化し、コンバインドサイクル(ガスタービンと蒸気タービンの組み合わせ)により発電するものです。同規模の従来型石炭火力発電より高効率(送電端熱効率(LHV) 約48%)で、CO2排出量も約15%低減できます。従来の石炭火力では利用が困難な灰融点の低い石炭も活用できます。

IGCC(石炭ガス化複合発電)の特徴

高い発電効率 ●使用燃料量を低減でき、CO2排出量も発電コストも低減できます
利用炭種の拡大 ●従来方式の石炭火力では利用が困難であった低品位な石炭を使用可能なため、資源国への牽制力強化、燃料コストの低減が可能になります
環境へのやさしさ ●従来の石炭火力(当社)より、発電電力量(kWh) あたりのSOx、NOx、ばいじんの排出量を低減できます
●従来の石炭火力では多量の石炭灰が排出されますが、IGCCではガラス状のスラグとして排出されるため容積を半減できます。なお、スラグはセメントの原材料や路盤材等としてリサイクル可能です

発電の仕組み

●ガス化炉内で石炭をガス化し、燃料ガスを発生させます。
●この燃料ガスをガスタービンに導き、燃焼させることにより、ガスタービンを回します。
●さらにガスタービンからの高温の排ガスを排熱回収ボイラに導いて蒸気を発生させ、蒸気タービンを回します。

発電のしくみのイメージ図

チャー:ガス化炉内において、石炭から揮発分や水分を除いて得られる未反応固形物で主に灰分と固定炭素から成るもの

スラグ:石炭中の灰分が、高温のガス化炉で溶け、ガス化炉下部の水中に流れ落ちて急冷されることでガラス状に固まり、粒状で排出されるもの

ホッパー:貯蔵槽

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. 火力発電所
  3. 火力発電の種類
  4. 環境に配慮した高効率石炭火力