• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします
安定供給を支える電力設備福島第二原子力発電所トップリアルタイムデータプラントデータ>原子炉水位
 
 
原子炉圧力

原子力発電所は原子炉内で高い圧力で水を沸騰させ、高温高圧の蒸気でタービンを効率良く回し、発電しています。

原子炉は、一定の圧力になるよう運転しています。
※起動・停止時等は、圧力は変動します。

<原子炉の圧力>
・1~4号機 7.03MPa 以下

MPa(メガパスカル)は、国際的に使用されている圧力の単位です。

プラント 発電機の出力 取水と放水の温度差
原子炉水温度

原子炉内の水は、高い圧力のもとで沸騰することにより、高温高圧の水蒸気になります。

原子炉の水温は、約280℃で運転しています。
※起動・停止時等は、水温は変動します。

原子炉水位

原子炉の水には、水蒸気になってタービンを回して発電するほかに、原子炉内の燃料を冷やす役割があります。
このため、燃料が露出しないよう、水面から燃料頂部までの水の深さは約5mほどあります。
原子炉水位は、一定の設定値に対し、水位の振れ幅を考慮した範囲になるよう運転しています。
※起動・停止時等は、水位は変動します。

<水位の振れ幅を考慮した下限値・上限値>
・1~4号機   800mm~1029mm

ページの先頭へ戻ります