• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > 福島復興へ向けた取り組み > 東日本大震災後の福島第一・第二原子力発電所の状況 > 東京電力からのお知らせ > 4号機原子炉建屋は傾いておらず、燃料プールを含め地震で壊れることはありません

東京電力からのお知らせ

新聞、テレビ、インターネットなどで取り上げられている話題について、東京電力から解説いたします。

4号機原子炉建屋は傾いておらず、燃料プールを含め地震で壊れることはありません

平成24年4月26日更新

 4号機原子炉建屋は、水素爆発により建屋の上部が損傷した状態となっていますが、下記の項目を確認し、燃料プールを含め地震で壊れることがないことを確認しています。


(1) 使用済燃料プールの水面と建屋の床面の距離を測り、建屋が傾いていないことを確認しました
(2) 再び東北地方太平洋沖地震と同程度の地震(震度6強)が発生しても使用済燃料プールを含め原子炉建屋が壊れないことを解析により確認しています
(3) さらに使用済燃料プール底部を補強して、耐震余裕度を20%以上向上させています
(4) 今後、年4回の定期的な点検を実施し、原子炉建屋および使用済燃料プールの健全性を確認していきます

※ (1)~(4)の詳細については、添付資料 を参照してください


(添付資料)4号機原子炉建屋は傾いておらず、燃料プールを含め地震で壊れることはありません (PDF 157KB)


関連資料・データなど




ページの先頭へ戻ります