• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

トップページ > 福島復興へ向けた取り組み > 福島第一・第二原子力発電所の状況 > 福島第一原子力発電所事故の経過と教訓 > 福島第一原子力発電所1~3号機の事故の経過の概要

福島第一原子力発電所1~3号機の事故の経過の概要

福島第一原子力発電所では、運転中であった1号機~3号機が停止後の炉心の冷却に失敗し、炉心を損傷する事故(過酷事故)に至りました。

各号機とも、原子炉停止後に圧力容器への注水ができなくなり、圧力容器内の水が枯渇、燃料の温度が上昇して、水素が大量に発生、燃料の溶融、圧力容器の損傷、格納容器の損傷、原子炉建屋への水素や放射性物質の放出に至るという経過をたどりました。冷却できなかった大きな要因は、電源の喪失により「冷やす」系統を運転・制御できなくなったことでした。電源や「冷やす」機能を失ったタイミングは各号機で異なりますが、事故の経過の概要は1号機~3号機とも同じものでした。

福島第一原子力発電所1~3号機の事故の経過の概要

拡大して表示する新しいウィンドウで開く

各号機の経過の概要

各号機の経過の概要

拡大して表示する新しいウィンドウで開く


ページの先頭へ戻ります