• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします
安定供給を支える電力設備東通原子力建設準備事務所事務所の取り組み>「まるごと東通弁当」など東通村の産品を広く知ってもらえるよう取り組んでいます。

 東通村は豊かな自然に恵まれ、新鮮な海の幸(魚、ウニ、ホタテ、イカなど)、山の幸(東通牛、山菜、ブルーベリーなど)が豊富にあります。東京電力では、ここ東通村に原子力発電所の建設を進めるとともに、東通村の優れた産品をできるだけ広く社内外の皆さまに知っていただくことを目的として、様々な取り組みを行っています。
 取り組みの例としては、社員食堂で東通村産のお米「寒立米」の使用やメニューとして東通村の特産品(東通そば、東通牛丼、しおさいラーメンなど)の提供、社内イントラネットを活用した地域特産品の紹介・斡旋、東通村産の食材だけを使用した料理の開発などです。

 東通村産の食材だけを使用した料理の開発では、先ず、「まるごと東通カレー」を手がけ、現在、社員食堂で月1回提供し、好評を得ています。また、本年4月からは、当所主催の準備工事見学会などの昼食として「まるごと東通弁当」の提供を開始しました。これらは東通村内の地域づくり団体「東通★東風塾(やませじゅく)」と共同で開発したもので、すべて東通村産の食材を使用しています。
 「まるごと東通弁当」のメニューは四季毎に変化し、その時々の東通村の豊かな海の幸、山の幸を味わうことができ、豊かな海と壮大な大地が育んだ食材が織りなすハーモニーを楽しむことができます。なお、箸には青森県下北産のヒバを使用し、ヒバの香りを楽しみつつ食事をした後、お持ち帰りができるようになっています。お弁当の容器には、リサイクルが可能な牛乳パックと同様の素材を使用し、環境へも配慮した作りとなっています。
 現在は、試作段階であり、今年1年をかけて四季毎の献立を作り上げ、その後、独自の商品として、地元の業者の方がこの「まるごと東通弁当」を販売していけるような仕組みができるように取り組んでいきたいと思います。
 当事務所では、このように東通村産の優れた産品を広く知っていただく取り組みを今後とも継続していきます。

  ◎春バージョンはこちらからご覧ください。(44kb)
  ◎夏バージョンはこちらからご覧ください。(48kb)
拡大(27kb) 拡大(19kb) 拡大34kb)
事務所の取り組みトップ

ページの先頭へ戻ります