• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします
安定供給を支える電力設備東通原子力建設準備事務所事務所の取り組み>外来種オオハンゴンソウの除去を実施しました。

 9月11日(金)、当社敷地に面する国道338号線沿いに群生している黄色い花オオハンゴンソウの除去を実施しました。
 オオハンゴンソウは北米原産のキク科の植物で、繁殖力が強く、在来植物の生態系に大きな影響を及ぼす恐れがあることから、平成18年2月に外来生物法による特定外来生物に指定されています。
 当日は、当所員と協力企業の職員合わせて約40名で、1時間半にわたって除去作業を行いました。

 この東通村に昔から生息している植物を守りながら、東通村の美しい自然がいつまでも続いていくための活動を、今後も継続していきます。

拡大(47kb) 拡大(40kb) 拡大(57kb)
拡大(37kb) 拡大(47kb) 拡大50kb)
事務所の取り組みトップ

ページの先頭へ戻ります