• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします
安定供給を支える電力設備東通原子力建設準備事務所事務所の取り組み>東通小学校5年生に環境・エネルギー教室を実施しました。

 1月26日と2月16日、出前教室として東通小学校体育館で、東通小学校4年生61名に環境・エネルギー教室を実施しました。
 電気の話し、電池の話し、電気で何ができるのか、地球温暖化と省エネルギーについて、実験やクイズを交えながら学習しました。

 児童は、静電気や雷が電気であること、身近に使っている電池のこと、生活の中で電気はどんなふうに使われているかなど生活に欠かせない電気について学び、静電気による電気くらげやくだもの電池の実験、太陽電池を使ったソーラーハウスの作成など、興味を持ちながら積極的に取り組んでいました。
 また、地球温暖化と省エネルギーについては、一人一人が家庭などで出来ること並びにその大切さを学びました。

 今回の環境・エネルギー教室は、東通小・中学校がその一貫教育の中で展開していこうとしている東通科の取り組みの一つで、当社では、12月14日に6年生(実施状況)、2月4日に5年生(実施状況)に対しても実施しています。
 当社は、原子力発電所との共生を図る東通村の将来を担う皆さんに、東通村のことを学ぶ中で、環境、エネルギー、原子力に関する知識を身に付けていっていただきたいと考え、今後とも、環境・エネルギー教育に協力していきます。

拡大(34kb) 拡大(40kb) 拡大(53kb)
拡大(47kb)
事務所の取り組みトップ

ページの先頭へ戻ります