• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

尾瀬に行く

尾瀬の美しい自然は、多くの人のさまざまな努力によって保たれているものです。美しい自然に出会うために尾瀬を訪れるのなら、この自然をまもるためのマナーをしっかりと把握しておきましょう。また、美しい尾瀬も山岳地帯であることに変わりなく、天候の急変や防寒などの備えを怠らないように尾瀬のしおりで確認しましょう。

尾瀬に入る前のお約束

1.湿原には踏み込まない

繊細な湿原を守るために、木道から外れて湿原に入らないようにしましょう。
休憩ベンチや木道沿いで休むときや、写真を撮る際にも湿原の中に足を置いたり、
立ち入ってはいけません。

2.木道は右側通行

木道は、基本的に右側通行です。譲り合って歩きましょう。また通行中の歩きタバコもやめましょう。

3.ゴミは持ち帰る

尾瀬はゴミ持ち帰り運動発祥の地です。ゴミは全て自宅まで持ち帰りましょう。

4.動植物は持ち込まない・持ち帰らない

尾瀬は国立公園特別保護地区および国の特別天然記念物に指定されており、昆虫・草花の採取はもちろん、落ち葉や枯れ枝等を持ち帰ることも禁止されています。
また、尾瀬の生態系をまもるため、外来の動植物を持ち込まないよう気をつけましょう。入山口の「種子落としマット」などで靴の泥を落としたり、衣服をはたいてから入山するなど、細かい心遣いが必要です。ペットの持ち込みもやめましょう。

5.山小屋は予約制。石けん、シャンプーの使用は自粛です。

混雑回避と自然への負荷軽減のため、尾瀬山小屋組合では平成4年から完全予約制を導入しています。また入浴はできますが、石けん・シャンプーの使用は自粛となっています。

入山にあたって

尾瀬は繊細で優しい風景がその特徴ではありますが、尾瀬は2,000メートル級の山々に囲まれた山岳地帯です。
ご自身の安全を確保するため、入山にあたってのルールを確認しておきましょう!

1.しっかり準備をして出かけましょう。

2,000m級の山々に囲まれた山岳地帯の尾瀬では、天候の急変やケガなど様々な事態が起こりえます。自然の中で自分の身を守るのは自分だけ。「準備をしっかりと」などを参考に、支度を調えてから出かけましょう。

2.時間的・体力的に余裕を持った行程を組みましょう。

余裕のない行程は事故の原因にもなります。
アクセス」などを参考に、余裕を持った行程を組みましょう。

3.木道は滑りやすいので、気をつけて歩いてください。

雨や露で濡れた木道は特に滑りやすくなります。「尾瀬の歩き方」を参考に、気をつけて歩いてください。

4.倒木、落石など周囲の状況に気をつけて歩いてください。

自然の中を歩く時には、倒木、落石など、周囲の状況に気を配りながら、気をつけて歩きましょう。

5.ツキノワグマに注意してください。

尾瀬にはツキノワグマが生息しています。まずクマに出会わないように、また出会ってしまったときに適切な対応ができるよう、尾瀬保護財団のHP(http://www.oze-fnd.or.jp/)などから、情報を確認しておきましょう。

  • 尾瀬と東京電力 トップへ
  • 尾瀬へ行く トップへ

ページトップへ

ページの先頭へ戻ります