• facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • twitter公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします

尾瀬に行く

尾瀬の美しい自然は、多くの人のさまざまな努力によって保たれているものです。美しい自然に出会うために尾瀬を訪れるのなら、この自然をまもるためのマナーをしっかりと把握しておきましょう。また、美しい尾瀬も山岳地帯であることに変わりなく、天候の急変や防寒などの備えを怠らないように尾瀬のしおりで確認しましょう。

3.尾瀬の歩き方

木道の歩き方

  • 木道は原則的に右側通行です。木道以外に踏み込みだすのは絶対にやめましょう。
  • 木道は雨や露で濡れると、滑りやすくなります。歩幅を狭く、靴底をぴったりつけて歩きましょう。
  • 長時間歩く場合は、歩幅を狭く、同じリズムで足を運ぶよう心がけましょう。
  • 50分歩いたら10分程度の休憩をとる、を目安に一定のリズムを、くずさないようにしましょう。
  • 2時間以上歩く場合は、おやつを軽くとるなど栄養補給をしましょう。
  • 充分な水分補給をしましょう。
  • 尾瀬ヶ原は日差しをさえぎるものがありません。夏場は特に、水分補給など体調管理に気を配りましょう。日焼け止めなどもあるとよいでしょう。
  • グループの場合は、一番足の遅い人のペースに合わせましょう。

山道の歩き方

  • 登りは歩幅を平坦地より狭くして、段差を少なくしながら一歩一歩踏みしめて歩きましょう。
  • 30分歩いたら5分から10分程度の休憩をとる、を目安に一定のリズムをくずさないようにしましょう。
  • 下りは腰を落とし、膝のクッションを使って、斜面に靴底全体をつけるようにゆっくり歩きましょう。
  • すれ違う場合は、登りの人や重い荷物を持った人を優先しましょう。
  • 山道の事故は下りで起こることが多くあります。疲れてくると特に注意力が散漫になったり、腰が高くなり足を滑らしたりしがちです。余裕を持った行程を組み、事前に少し足慣らしをしておきましょう。
  • 至仏山の東面登山道(山の鼻~至仏山頂)は、植生保護のため、また、蛇紋岩という滑りやすい岩がむき出しになっているため、こちらを登りにするルートが推奨されています。
    また、残雪期は、特に植生保護及び登山者の安全対策のため、登山道が閉鎖されています。閉鎖期間は、積雪量などにより変更もあり得ますが、例年5月11日~6月30日です。事前に尾瀬保護財団(http://www.oze-fnd.or.jp/)のHPなどで状況を確認してください。
    入山可能時期も、午後になると霧や雷が発生しやすくなることもあり、午前9時までに入山するようにしてください。
  • 尾瀬と東京電力 トップへ
  • 尾瀬へ行く トップへ

ページトップへ

ページの先頭へ戻ります