Power Grid

入社理由

社会や人々の生活の中で必要とされる仕事がしたいとインフラ業界を志望していました。東京電力を選んだのは、東日本大震災を経て、電力会社として「電気の安定供給」という使命と震災の責任に全力で向き合う姿勢に感銘を受け、私もその一員として社会のために役に立ちたいと考えました。また、幼少の頃から東京電力の「電気の史料館」でよく遊んでいたことや、その際に社員の方々が優しく接してくださった思い出もあり、私にとって馴染みのある会社だったのも志望した理由です。

仕事内容

大学等をはじめとする研究機関や企業とともに、太陽光発電などの再生可能エネルギーが配電系統へ大量導入された際の系統安定化に関する共同研究や、開発・実証を行っています。他にも、配電業務の効率化を高めるためにプロジェクトを組み、新しい業務の提案や社内関係部門、ベンダーとの調整役を担い円滑に遂行できるよう進めています。最近では情報収集のために海外の電力会社と交流も行い、世界レベルで再生可能エネルギーと系統安定化に関する電力業界の動向を探っています。昨今、固定価格買取制度が施行されたこともあり、配電系統に太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入が進んでいますが、導入率はますます高まることが予想され、この状況を放っておくと東京電力の強みである「高品質な電気の供給」が脅かされてしまいます。そのため、これまでの系統構成を柔軟に変化させ、より高度な系統を構築していく必要があるのです。現在私が行っている実証や研究・開発成果は、将来の系統構成を導くための重要な知見であり、考え方の礎になると実感しています。このような実証や研究、プロジェクトは社内外の多くの人を巻き込みます。様々な意見や認識のズレを少しずつでも埋めていく作業は労力と時間を多く要しますが、成果が出た時や、検討した結果がいつか何らかの形で役に立つ、ということを考えるとやりがいがあります。

目指していること

現在は、知識や経験が足りないこともあり、各実証やプロジェクトでまだ主力になれていませんが、いつか周りを巻き込み自分で進めていけるほどに知識と経験とコミュニケーション能力を伸ばしていきたいと思います。また、国外にも常にアンテナを張って情報収集できるように英語力を身に付けたいと考えています。

求められるチカラ

未知なことや、複雑な問題に対処するために前向きに取り組む能力や考えることを諦めない能力が大切です。また、打ち合わせや発表することにおいて自分の考えを伝える機会も多いので、相手にわかりやすく簡潔に伝えるコミュニケーション能力も必要となります。電力会社といえば「電気の会社」というイメージが強く、電気系知識、技術、経験がないと難しいのでは、自分の専門外だから不安だと思う方もいると思います。しかし当社は研修制度が充実しており、技術的な知見は入社してからいくらでも学べます。昨今は当社の事業範囲を拡大する動きが活発で、まさに大きく会社が変革する時期。ぜひ「好奇心、積極性、向上心」を持った皆さんの力を東京電力で発揮してください。

高品質な電気の供給を維持する配電系統の研究・開発を行い、再生エネルギーの大量導入に備える。

配電 技術

冠城 さやか
冠城 さやか
冠城 さやか