ENERGY PARTNER

東京電力の顔としてお客さまと接する。

オペレーション業務 事務

内間 穂波
内間 穂波
入社理由

日本は世界的に見ても停電が非常に少ない国です。その中でも、首都圏へ常に安定して電気を届け続けているという事実に強い憧れを持ち、私もその組織の一員になりたいと思い入社を志望しました。また、女性でも長く働けるように、産休や育児休職などの制度が充実している点にも魅力を感じました。

仕事内容

入社後の震災当時を含む1年間は、窓口で直接お客さまと対面して電気料金の収納や、電気に関するご相談をお受けする業務を担当しました。その後2年間ほどはお引越やご契約内容の変更をシステムに登録する業務にあたり、入社4年目からは現在のカスタマーセンターにて、電話受付業務を行っています。

目指していること

常にお客さまの立場に立って親身に対応することで「この人に任せておけば大丈夫」と思っていただけるような電話応対を目指しています。一本の電話での些細な接点でも、心のこもったコミュニケーションができれば信頼回復に必ずつながる。そう信じて日々業務にあたっています。

求められるチカラ

電話をくださる方は、電気の詳しい知識をお持ちでない方が大多数です。会話の中から的確に要望をくみ取ることはもちろん、「声」だけでお客さまに伝わる説明をする能力が必要になります。また、さまざまな内容の電話があるので幅広い知識も求められます。時には厳しいご意見をいただくこともありますが、震災以降、より一層「仲間で支え合っていく」という意識が高い会社・職場になり、とても一体感があります。これからの新生東京電力をつくっていきたい。そんな志が何よりも大切かもしれません。